あることに意識をつかうとどうなるのか?

音楽をきいたり、

買い物したり、

セミナーにいって学んだり、

神社にいったり、

自然を満喫したり、

自分の気持ちをあげることはたくさんあると思いますが、

意識が変わらないと、そのやる気や元気は長持ちしません。

 

あなたのいまいる場所が室内だとしたら、窓から外を覗いてみてください。

普段は意識しないものに目をむけてみてください。

感動しますか?

当たり前だと思いますか?

感動しないからダメだというわけではないのですが、

車が走っていること、木々があること、夜がきて、また朝日が登ってくること、生かされていること。

 

こんなにもありがたいもの(便利とはまた違う)、美しいものが身の回りに星の数ほどあることに氣がつくと、

「心が何を感じるのか」によってそれはエネルギーとなります。

 

明日の活力になります。

やる氣がでます。

元氣になります。

運氣があがります。

笑顔になります。

人の巡りが変わります。

 

あることに意識をつかうことは本当に素晴らしいことだと、私は感じます。