愛のとりせつ

2020年4月7日 心の問題

「あの人、愛がある」とか
「愛のない行動だよね〜」とか
 
愛とは他者が勝手に決めるものではありません。

優しいだけが愛ではありません。

 

愛とはなんでしょうか?

他者に、動物に対して、思いやりや、優しさが溢れている人をみていると、愛を感じやすいのは、そのことが善であり、理想であり、受け入れやすいからなのかもしれません。

赤ちゃんを愛らしいと感じやすいのは、ゆるされやすい、受け入れやすい(赤ちゃんだからしょうがないと思われやすい)存在だから。

例えば、自分の子どもが泣くことが嫌なお母さんは「自分は愛せない人間」と感じるのかもしません。

 

愛というものは裁かない時、フラットな時に感じることができるものなのではないでしょうか。

宇宙は愛でできているといわれていますよね。

どんな人にも、物にも、愛は存在していていると感じます。

どんな人にも地球にいる限り、日が昇って、落ちていく、良いも悪いもないのです。

優しい人、厳しい人、どちらが正しいわけでも間違っているわけではないのです。

 

愛は理屈では語れないもの、感性で感じとることができます。

感情的ではない時に、愛を感じることができます。

何かを裁いている時、評価している時、愛を感じることはできないのだと思います。

 

書き途中