認知の歪みからくる症状

2019年5月14日 心の問題

認知の歪みというものがあります。

 

1、全か無か思考

物事をみるとき

「白か黒か」
「正しいか間違いか」

という、極端な見方をしてしまうこと。

「完全にうまくやらなければ失敗だ」

と考え(完全主義的思考)、一部でもミスや欠点があると全部を否定する。

 

・自分のやった仕事に少しでもミスが見つかると、自分の仕事全体を

「だめだ、失敗だ」

と結論づけてしまう。

・甘いものを控えていたダイエット中の女性が、ケーキを一つだけ食べたことで、

「今までの努力が全て台無しになった」

と考え、自己嫌悪に陥ってしまう。

・ある人の短所が少しでも見えると、その人のことを

「だめな人」

だと結論づける。

・周りの人に対して

「あの人はいい人」
「あの人は悪い人」

と二分法的に判断する。

 

2、一般化のしすぎ

失敗や嫌な出来事があると、それをすべての物事に当てはめて

「いつもこうなんだ」
「必ずこうなるんだ」

と考えたり、この先も同じことが起きると思ってしまうこと。

 

・仕事で何度か失敗したことで、

「私はいつもこうなんだ。いつも失敗する(=今後もうまくやることはできない)」

と考え、絶望的な気持ちになる。

・職場の3、4人との関係が悪化しただけで、

「みんな私のことを嫌っている」

と思ってしまう。

・A君は高校1年の時B子さんをデートに誘って断られ、高校3年の時にC子さんをデートに誘って断られ、そして大学1年になってD子さんをデートに誘って断られた。

つまり3人の女性から断られただけなのに、

「俺は女性から好かれないのだ。女性とは一生縁がないだろう」

と考え、絶望的な気持ちになってしまう。

・職場で自分が言った意見に対して同僚が反論してきた時、

「この人はいつも私の意見に反論してくるんだから」

と考え、強い怒りが湧いてくる。

 

このような偏った思考の癖が症状に影響します。

 

まずは自分が物事についてどのような捉え方で、考えているかを知ることが改善策になります。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。