過去の肩があがらない症例

肩が痛い

◯50代女性 2018年3月14日

症状:右肩が痛く、あがりずらい、後ろに回しずらい。

右肘の痛み。

 

◯原因その1(肉体ストレス)

【内臓の弱り】

胆のう

【交感神経優位】だと?

血流障害(血管収縮)→体温低下→免疫低下、ホルモンバランスの乱れ

リンパ球低下→ウイルス感染、活性酸素増加→DNA→がん

GABA不足と一連のことが乱れ様々な症状につながります。

【第2チャクラ】

生殖器や膀胱、精巣、卵巣に関連。

バランスが崩れていると自発性や楽しみ、喜びを失ってしまいがち。

【副神経】第11脳神経

首、肩の動きを支配する

胸鎖乳突筋機能障害、僧帽筋機能障害

頸椎部筋肉の過緊張(頸静脈孔における問題をさらに複合させる)

 

◯原因その2(感情ストレス)

【パッチフラワーレメディー】レッドチェストナット

愛するものへの過度の心配と懸念。 過保護

 

◯原因その3(環境ストレス)

【外邪】

自然界の影響によるもの。 生体機能が弱いと季節変化でも体調を崩す。

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯今回の症状の主な原因は・・・

過保護な性格からきているストレスにより、

肩を制御している脳神経の圧迫により、

右肩に症状がでているようでした。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

左肩が上がらない理由は、インフルエンザ・・・

◯40代男性

症状:肩こりで左肩が上がらない。喉の違和感がある。左足が重い。

 

◯原因その1(環境ストレス)

【ウイルス】コクサッキーウイルスB1.B4

【栄養不足】カルシウム不足

【細胞の問題】亜ヒ酸銅(神経、腸、腎臓、体毒)

 

◯原因その2(感情ストレス)

【感情】対象のわからない漠然とした不安、恐れ

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯今回の症状の主な原因は・・・

原因:喉の違和感に対して、筋力検査をしたところ『インフルエンザウイルスA型B型』であることがわかりました。

調整後:熱が上がりました。(それは良くなったことで熱を上げてウィルスや菌を自然治癒で改善するためです。)

この方には漠然とした不安感があるので身体に症状として出ていることがわかりました。

 

五分後に起き上がり左肩がまだ引っ張りましたので再度原因を調整しました。

原因:過酸化脂質(反応しているのでツナ缶、ドレッシングの摂取し過ぎとわかります)

 

この患者さんは、『インフルエンザウイルスA型B型』を持っていました。

ウイルス、菌はその辺に溢れているもので決して避けるのは難しいです、

除菌していくのではなく菌と共存していく考えのほうが結果身体も強くなります。

何でももかんでも綺麗にしたり薬で止めてみなかったことにしたり、

安心安全な生活とは何なのか考えたいですね。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。