過去のパニック症の症例

パニック症状がおきないように糖化タンパク質を抑えると良い

◯30代男性

症状 パニック障害 不眠 耳鳴り

◯原因その1(肉体ストレス)

【糖化たんぱく質】

タンパク質と糖質が加熱されてできた物。(例、パンケーキやハンバーガーなど)

糖質をとりすぎて、体の中のタンパク質に糖が結びつき糖化してしまう老化現象(糖化)

【後頭骨】

【第4チャクラ】

心臓や循環器、胸、動脈、血の流れと関連。

バランスが崩れると、愛に対する不安や恐れから、様々な問題が引き起こされる。

【第5チャクラ】 

喉、首、甲状腺、気管、食道、口、耳と関連。

バランスが崩れると適切なコミュニケーションを取れない状況や環境を作り出

してしまいます。

 

◯原因その2(感情ストレス)

【感情】対象がわかっている不安や恐れ、緊張のしすぎ

【感情】劣等感、自信がなく失敗を予測

【感情】細かいことにこだわりすぎる

 

◯原因その3(環境ストレス)

【低気圧】

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯今回の症状の改善の鍵となる調整箇所は・・・

糖化たんぱく質

 

メンタルに影響が出やすい糖質、

そして今回の糖化たんぱく質は糖質とたんぱく質が熱で合成した物質で身体に悪さをします。

パンケーキのように小麦粉や砂糖が糖質、卵や牛乳がたんぱく質のようなイメージです。

緩やかに血糖値をコントロールをする果物などに替えていけると良さそうです。

ただ、食事だけが悪いわけではなくいろいろなストレスが重なった時に症状としてでますので、

日頃から自分を満たすことは大切なことです。

 

30代、40代の男性はプレッシャーが多くなってきやすく、

中間管理職などいろいろな場面で自分を抑え込むうちに、

いきなり不安症状が出る方がとても多い傾向にあります。

 

いまは普通にパニックもなく通勤されているそうです、

まだ不安定な部分もあるので定期的に通院されています。

 

自分の心に向き合うきっかけを

当院では、お伝えしています。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

 その緊張感は海馬某回にある記憶からきていた

◯10代男性

症状:パニック、不整脈、軟便、めまい

 

◯原因その1(肉体ストレス)

【大腰筋】

【細胞】神経衰弱

【海馬某回】風景や場所を記憶するところ その場所に不安感が出ていた

【腫瘍】胆嚢 

【染色体突然変異】

【体内ph】ph3酸性

酸性に傾くと頭痛、疲労感、低血圧、不眠などの症状がでたりする。

pH7、3〜7、4の弱アルカリが正常

【錐体外路障害】小脳基底核 右側筋力弱化

運動神経、働きが悪くなると身体をうまくコントロールできなくなる。 ふるえやこばばり、ソワソワ感など

【脳内物質】ノルアドレナリン、セロトニン、ドーパミン

 

◯原因その2(感情ストレス)

【感情】不足の事態での強いパニック的恐怖

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯今回の症状の改善の鍵となる調整箇所は・・・

海馬某回

 

誰しも、嫌な思いでがあると思います。

例えば電車で嫌な出来事があった場合、電車そのものや似たような人物、事柄があったところには

身体が拒否反応を起こします。

それが日常に支障がないものならまだ良いのですが、

電車→そのような事柄→人→すべての人みたいな負の連鎖のように苦手な領域が広がっていくことも多いです。

そうさせているのは脳の仕組みです。

 

何を自分が考えて、感じているかを理解し、受け入れることで改善していきます。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

誰かにみられているという妄想からのパニック症状

◯40代女性

症状:パニック障害、寝つきが悪い、歯の痛み

 

◯原因その1(肉体ストレス)

【癌マヤズム】子宮 p5

歴史的、遺伝的、肉体的、精神的な病気の土壌。

先祖から受け継いできたもの、弱った時にでてくる問題。

 

◯原因その2(感情ストレス)

【注察妄想】

誰かにじっとみられている、監視されているという思い込み。

存在など誰もいなくても感じることもある。

【感情】とまどい、心の揺れ 

 

◯原因その3(環境ストレス)

【歯科領域】

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯今回の症状の改善の鍵となる調整箇所は・・・

注察妄想

 

妄想は極度の思い込みに近いです。

そのままでも十分素晴らしいのに、自らが相手や周りの期待に応えようとした結果とも考えられます。

思い込みの癖は小さい子供の時の育ち方で形成されることが多いみたいです。

「よい子」と言われる自分の気持ちを抑えてまで、親の期待に応えようとするようになったのか?

小さな子供はお金を稼いで、衣食住を確保することをはじめとして、親に全面的に依存しており、

一人では生きていくことができません。

そんな子供にとって親から拒絶されたり、親に見捨てられたりすることは

自らの命の危険が脅かされるくらいの極度の不安に直結することです。

 

まずは自分の頭の中の癖を理解していくことが症状の改善につながります。

 

自分の心に向き合うきっかけを

当院では、お伝えしています。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。