言葉がでてこない

出来ないとみられたくない

◯30代男性 2018年8月31日

症状:仕事上、人と話す時に思っていることが上手くでてこないので恥ずかしい、できないのが困る。

寝つきが悪い。 腰痛。 身体が重たい。

 

◯原因を潜在意識に聞いてみたところ

考えすぎ、悩みすぎることで小腸から首の歯状靭帯が周辺を通っている迷走神経に影響を及ぼしていたようです。

迷走神経は咽頭や喉頭の動きを支配しますので、喋りずらくなったり、言葉がつまったりもします。

仕事のプレッシャーからきているようでした。

 

 ◯今回の症状の改善の鍵となる調整箇所は・・・

◯原因その1(肉体ストレス)

【第4チャクラ】

心臓や循環器、胸、動脈、血の流れと関連。

バランスが崩れると、愛に対する不安や恐れから、様々な問題が引き起こされる。

【迷走神経】第10脳神経

咽頭、喉頭、臓器の動きを支配する

無声症又は発生困難、嚥下困難、鼻を通る液の逆流、咽頭及び喉頭痙縮、

食道痙縮、噴門筋痙攣、幽門痙攣、軟口蓋の麻痺、咽頭、喉頭、外耳道の痛、

知覚異常、無痛感症、咳、呼吸障害、唾液分泌障害、

心臓の不整脈、胃の機能障害、腸の機能障害

 

◯原因その2(感情ストレス)

【ストレスを感じている要因】

【思考の癖】完全であれ

不満足感、減点主義、オーバーに語る傾向

恥、従順

【思考の癖】完全であれ

不満足感、減点主義、オーバーに語る傾向

 

◯原因その3(環境ストレス)

【気圧】高気圧

【暑邪】右の腎臓

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明後、調整しました。

 

自分の症状に向き合うきっかけを

当院では、お伝えしています。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。