蕁麻疹(じんましん)

薬を飲んでも治らない

◯20代女性 2018年6月1日

症状:5年前から蕁麻疹が全身にでてきた、薬を飲むと良くなったが最近は薬を飲んでも効かない。

首肩が辛い。 呼吸が浅い。  眼精疲労。 

 

◯原因を潜在意識に聞いてみたところ

過干渉な親からの影響により、こうしなければいけないという思考の癖などが、

大人になってからもストレスの要因になり、そのストレスは肝臓に負担をかけ、

肝臓の解毒機能を低下させていたようです。

うまく排毒できないものはやがて弱いところから排泄していきます。

子供の頃に飲んでいた鼻炎のアレルギーの薬なども原因で、

押さえ込んでいたものがでてきたようです。 薬は対処療法です。 

抑えるのではなく、外に出しきって治すことが根本治療です。

 

 ◯今回の症状の改善の鍵となる調整箇所は・・・

◯原因その1(肉体ストレス)

【内臓の弱り】

肝臓

【低血糖】

血糖値を上げようと、抗ストレスホルモン(アドレナリン、コルチゾール)の働きにより、血糖があがります。

また下げようとインシュリンが過剰にでて膵臓に負担をかけるので、

緩やかに血糖をあげるために吸収の早い、果糖(果物)や黒糖を摂取することをおすすめします。

【第2チャクラ】

生殖器や膀胱、精巣、卵巣に関連。

バランスが崩れていると自発性や楽しみ、喜びを失ってしまいがち。

 

◯原因その2(感情ストレス)

【インナーチャイルド】劣等感、罪悪感

子供時代の記憶や経験が、大人になった自分の行動や感情に影響を与えている。

【思考の癖】完全であれ

不満足感、減点主義、オーバーに語る傾向

【思考の癖】急げ

常に次にやることは何かを考える、「今ここ」を楽しめないタイプ

 

◯原因その3(環境ストレス)

【薬害】

薬は重金属、脂溶性の毒物なので脂肪にたまっていきます。

肝臓のフィルターを通らないので、デトックスをするには汗をかくことが必要です。

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明後、調整しました。

 

自分の心に向き合うきっかけを

当院では、お伝えしています。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

蕁麻疹の症状が続いている

◯30代女性 2018年5月21日

症状:手や足の甲、首や背中に蕁麻疹が半年から三ヶ月に一度、思春期のころから出て困っている。

腎臓がもともと弱い。 胆のう機能低下。 肩こり、腰痛、むくみ。 

 

◯原因その1(肉体ストレス)

【内臓の弱り】

胆のう、胃、膵臓、右腎臓

【第2チャクラ】

生殖器や膀胱、精巣、卵巣に関連。

バランスが崩れていると自発性や楽しみ、喜びを失ってしまいがち。

 

◯原因その2(感情ストレス)

【トラウマ】不安と恐怖

心理的に影響が長くのこるような体験、精神的外傷。

【インナーチャイルド】劣等感、罪悪感

子供時代の記憶や経験が、大人になった自分の行動や感情に影響を与えている。

【思考の癖】相手を喜ばせろ

人間関係でストレスを溜めがち、NOと言えない

【思考の癖】急げ

常に次にやることは何かを考える、「今ここ」を楽しめないタイプ

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明後、調整しました。

 

原因その3(環境ストレス)

【薬害】

 

 ◯今回の症状の改善の鍵となる調整箇所は・・・

インナーチャイルド
胆のう

 

学校や集団生活に対して、生きにくさを感じてたようです。

そこで生まれた幼児決断(こう生きていこう)が現在になっても出てきて、

相手に合わせてしまった行動に対して、自身が納得しておらず、

対応する消化機能や解毒機能が落ちて、溢れ出てきた蕁麻疹として症状を頻繁にだしているようです。

 

自分の心に向き合うきっかけを

当院では、お伝えしています。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

 

蕁麻疹の原因

◯40代女性 2018年4月4日

症状:慢性蕁麻疹。 慢性的な肩や腰の痛みやきつさ。 

足がだるい。 左の股関節と右膝の違和感。

 

◯原因その1(肉体ストレス)

【内臓の弱り】

右肺、胆のう

【交感神経優位】だと?

血流障害(血管収縮)→体温低下→免疫低下、ホルモンバランスの乱れ

リンパ球低下→ウイルス感染、活性酸素増加→DNA→がん

GABA不足と一連のことが乱れ様々な症状につながります。

【第3チャクラ】

背中下部、胃、肝臓、腎臓と関連。

バランスが崩れると真に望む人生を生きられなくなる。

 

◯原因その2(感情ストレス)

【思考の癖】相手を喜ばせろ

人間関係でストレスを溜めがち、NOと言えない

【トラウマ】不安と恐怖

心理的に影響が長くのこるような体験、精神的外傷。

【ネガティヴ感情】大腸、腎臓の経絡

あきらめる、孤独

【欲求】肺の経絡

認めること

 

◯原因その3(環境ストレス)

【寄生虫】炎症の原因

アメーバ

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明後、調整しました。

 

 ◯今回の症状の改善の鍵となる調整箇所は・・・

トラウマ
大腸の経絡

 

過去の出来事により、恐怖や不安を回避したりする思考の癖がついてしまい、

その感情に向き合いたくないため、大腸に負担がかかり、

排泄や吸収に支障がでて、蕁麻疹として外に排泄しているようです。

自分の感情を否定せずに受け入れていくことで、大腸のストレスが軽減されます。

 

自分の心に向き合うきっかけを

当院では、お伝えしています。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

薬でも治らないその蕁麻疹は化学物質が原因だった

◯30代女性

症状:蕁麻疹がかゆい、ヘルペス

 

◯原因その1(肉体ストレス)

【腫瘍】胆嚢、横行結腸

【リーキーガッド症候群】カンジタ菌

生活習慣が悪くなると腸壁が炎症を起こして荒れたり、

穴があいたりして未消化の物質や有害菌が侵入してしまう。

【光】肝臓に気をつけてくださいというサイン

【糖化タンパク質】

タンパク質と糖質が加熱されてできた物。(例、パンケーキやハンバーガーなど)

糖質をとりすぎて、体の中のタンパク質に糖が結びつき糖化してしまう老化現象(糖化)

【交感神経】

血流障害(血管収縮)→体温低下→免疫低下、ホルモンバランスの乱れ

リンパ球低下→ウイルス感染、活性酸素増加→DNA→がん

GABA不足

【胸椎5番】胃腸不良

【過酸化脂質】

コレステロールや中性脂肪が活性酸素によって酸化されたものが体内に留まった状態。

 

◯原因その2(環境ストレス)

【化学物質】灯油、ダニ、タバコの煙、粉塵

【ウイルス】ヒトヘルペスウイルス6型 突発性発疹、脳炎など

【薬害】抗ヒスタミン

【場の浄化】職場

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

 

◯今回の症状の改善の鍵となる調整箇所は・・・

化学物質
 

化学物質を上手く排泄できないのが一番の原因になっていたようです。

調整後すぐに上体の痒みは消えたが下肢に痒みが移動しました。

経過をみて、のちに自然に消えると思います。

 

痒みや発疹は必要であって排毒しています、

なんでもかんでも薬で止めたら身体はいつか悪いものが溢れだします。

どんどん排泄していくために本当の原因に気づくことが回復の早道だと思います。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

強がりで思っていることを吐き出せないことでの症状

◯30代女性 2017年7月18日

症状:蕁麻疹、肩こり、腰痛、胃痛、汗が出にくく熱がこもりやすい、むくみ

 

◯原因その1(肉体ストレス)

【消化酵素】セルラーぜ

【第2チャクラ】

生殖器や膀胱、精巣、卵巣に関連。

バランスが崩れていると自発性や楽しみ、喜びを失ってしまいがち。

【交感神経優位】

血流障害(血管収縮)→体温低下→免疫低下、ホルモンバランスの乱れ

リンパ球低下→ウイルス感染、活性酸素増加→DNA→がん

GABA不足

【糖化タンパク質】

タンパク質と糖質が加熱されてできた物。(例、パンケーキやハンバーガーなど)

糖質をとりすぎて、体の中のタンパク質に糖が結びつき糖化してしまう老化現象(糖化)

【糖質過剰】

砂糖やお菓子なども勿論ですが、白米やうどん、パスタ、麺などもGI値の上昇が高いので注意です。

蕎麦や玄米などがオススメです。

【腸内フローラ】

善玉菌2悪玉菌1日和見菌7のバランス 

悪玉菌が増えてくるお腹を壊すだけでなく、様々な生活習慣病がでてくる。

【リーキーガッド症候群】

生活習慣が悪くなると腸壁が炎症を起こして荒れたり、

穴があいたりして未消化の物質や有害菌が侵入してしまう。

【体内pH】酸性

酸性に傾くと頭痛、疲労感、低血圧、不眠などの症状がでたりする。

pH7、3〜7、4の弱アルカリが正常

【パゾプレッシン】

下垂体後葉ホルモン 抗利尿作用 水分吸収

【オキシトシン】

下垂体後葉ホルモン 幸せ、愛情ホルモン

 
◯原因その2(感情ストレス)

【インナーチャイルド】7歳の記憶 自分には価値がない、自己嫌悪に陥る

子供時代の記憶や経験が、大人になった自分の行動や感情に影響を与えている。

【マヤズム】腎臓 不安、恐怖、水に流せない思い

歴史的、遺伝的、肉体的、精神的な病気の土壌。

先祖から受け継いできたもの、弱った時にでてくる問題。

【ネガティヴ感情】腎臓経絡

(恐れ、脅迫、羞恥心、敵意、中毒、非現実的目標、孤独、ばれる事、欲求不満、拒絶)

 

◯原因その3(環境ストレス)

【食物アレルゲン】卵、牛乳、小麦

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

 

◯今回の症状の改善の鍵となる調整箇所は・・・

インナーチャイルド 

 

インナーチャイルドからくる弱みをみせれないという思い込みが

排泄、消化、解毒、免疫機能を弱らしてしまっている原因のようです。

幼少期のころの親からの期待などに対してできた思い込みが大人になっても、

続いているのがインナーチャイルドです。

 

行動の動機という側面から話します。

人が行動を起こす動機には、外発的動機と内発的動機があります。

外発的動機とは、なんらかの外的な目的を達成するために行動しようとすることです。

「親に褒めてもらうために勉強する」
「教師に叱られたくないから宿題をやる」
「資格試験に合格するために本を読む」

などが、外発的動機による行動です。

 

一方、内発的動機とは、うちから生じる興味や関心によって行動しようとすることで、

その行動をすること自体が目的になります。

「遊びたいから遊ぶ」
「本を読むこと自体が楽しいから読む」

などが、内発的動機による行動です。

私たちが趣味などに没頭しているときは、内発的動機にもとづいているわけです。

 

内発的動機から行動するとき、エネルギーがあふれるように湧いてきて、

私たちは高い集中力を自然に発揮することができます。

また、それ自体が、とても楽しくて幸せな体験でもあります。

 

そして、子供の生きる力を育んでいくうえでも、

この内発的動機によって行動するという経験の積み重ねがとても重要になってきます。

 

外発的動機によって行動してしまうと、インナーチャイルドがどうなるか想像できます。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。