花粉症

目の辛さは花粉ではなく、化学物質の問題

◯40代男性

症状:目が痛い、かゆい、左肘の痛み

 

◯原因を潜在意識に聞いてみたところ

化学物質が原因のようです。

花粉症という症状は一般的に、目のかゆみ、赤くなる、くしゃみ、鼻水、咳など

排泄行為が辛いと思います。

なかには肩こりやだるさなどがでる方も多く、

薬で止めるということは目などが楽になるとは思いますが、他で排泄しなくてはいけません。

 

調整後すぐに目の痛みはかゆみはなくなりましたが、

毒素を出そうと身体がかゆくなったそうです。

 

 ◯今回の症状の改善の鍵となる調整箇所は・・・

◯原因その1(環境ストレス)

【化学物質】排気ガス、PM2.5、ダニ、COX

 

◯原因その2(肉体ストレス)

【神経伝達物質】ノルアドレナリン

【活性酸素】

ストレスなどによって、体内に酸素が発生し過ぎて、溢れ出てしまうと細胞が酸化(老化)していきます。

【副交感神経優位】

倦怠感、常にだるい、眠い

顆粒球低下→細菌感染

リンパ球過剰→血流障害(血管拡張によるもの)→体温低下→肥満→がん

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

環境自体は変わりません、このままではもっと環境は悪くなると思います。

まずは脳が原因が何かを認知できないと、うまく外に出せませんので花粉症がひどく、長引くことになります。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

過労から排泄できなくなり、あふれでた花粉症

◯30代男性

症状:花粉症、ふらふらする、頭痛

 

◯原因その1(肉体ストレス)

【第5チャクラ】

喉、首、甲状腺、気管、食道、口、耳と関連。

バランスが崩れると適切なコミュニケーションを取れない状況や環境を作り出

してしまいます。

【淋病マヤズム】膵臓の弱り癖

歴史的、遺伝的、肉体的、精神的な病気の土壌。

先祖から受け継いできたもの、弱った時にでてくる問題。

【糖化タンパク質】

タンパク質と糖質が加熱されてできた物。(例、パンケーキやハンバーガーなど)

糖質をとりすぎて、体の中のタンパク質に糖が結びつき糖化してしまう老化現象(糖化)

【交感神経優位】

血流障害(血管収縮)→体温低下→免疫低下、ホルモンバランスの乱れ

リンパ球低下→ウイルス感染、活性酸素増加→DNA→がん

GABA不足

【細胞】神経衰弱、代謝

 

◯原因その2(環境ストレス)

【化学物質】排気ガス、PM2.5、花粉

【アレルゲン】ヒノキ

【ウイルス】ヘルペス1型

【気候】気温差による疲労

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

 

◯今回の症状の改善の鍵となる調整箇所は・・・

 第5チャクラ

 

身体は疲れて排泄機能が落ちる→ほかのところから出さないといけない

→悪いものがはいってくる→負担が多くなり溢れ出てしまう。

 

排泄機能が落ちている原因を見つけましょう。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

花粉症、咳はプレッシャーから

◯11歳の男の子

症状:花粉症、咳、左足の機能障害「右足と比べてうまく動かせない」、右背中の痛み、首の緊張

 

◯原因その1(肉体ストレス)

【糖化タンパク質】お菓子 

タンパク質と糖質が加熱されてできた物。(例、パンケーキやハンバーガーなど)

糖質をとりすぎて、体の中のタンパク質に糖が結びつき糖化してしまう老化現象(糖化)

【フリーラジカル】

ストレスなどによって、体内に酸素が発生し過ぎて、溢れ出てしまうと細胞が酸化(老化)していきます。

【交感神経と迷走神経】Th8

【ケーライソーファー】組織の息苦しさ改善

【CSF屈曲障害】

 

◯原因その2(感情ストレス)

【感情のストレス】出生時、お母さんから、かたくなに理想や主義を追求し、自分を抑圧という思いが強い

【感情】心身ともに疲労困憊して、エネルギーが枯渇している 学校や期待のプレッシャー

【感情】絶望して、何をやっても無駄と考える スポーツの失敗経験からきている

【霊障】たぬき

憑かれやすい方→同じ周波数、体温が低い、くよくよ悩む、ネガティヴ

頼まれごとなど断れない→疲れやすい、何かに依存しやすい

 

◯原因その3(環境ストレス)

【薬害】最近毎日のように飲んでいる薬

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

 

◯今回の症状の改善の鍵となる調整箇所は・・・

 出生時のストレス

 

原因を調べていったところ、親が過干渉、過保護であるということが内臓機能を低下させているようです。

症状は意味があるので親子関係も見直していくといいと思います。

 

現代人の多くが、子供時代に自由な生き方を見失っているということです。

子供として育っていく過程で、自分を拠り所にできなくなり、

創造性や独自性を抑えるような生き方を身につけてしまうのです。

近年、子供たちの生きる力が低下しているという言葉をよく聞きますね。

では、生きる力とはどんな力なのでしょうか。

いくつかの要素が考えられますが、最も本質的なところで定義するならば、

生きる力とは自分で決める力、つまり自分を拠り所にして生きていく力です。

そしてそれは、自分らしい幸せな人生を実現していく力でもあります。

 

そういう意味で、たしかに今の子供たちの生きる力は大きく低下していると思うのです。

 

調整後すぐに内臓機能があがり、

はりやコリ感が消失し、回復に向かいました。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。