腰痛(腰が痛い)

寝てても座ってても腰が痛い

◯60代女性 2018年7月4日

症状:腰が痛い、立っている時が一番楽。 身体が薬によりかゆい。

強皮症。 好酸球肺炎。 胃の不調。 肩があがらない。 猫背。

 

◯原因を潜在意識に聞いてみたところ

父親が罵倒や態度などとても厳しかったことにより、「相手を喜ばせないといけない」

という思考の癖ができてしまい。 

それが言いたいことをいえないなどの感情のストレスが甲状腺や肝臓、

内臓全般にストックされ、病気や症状などをだしているようです。

とくに前進できないことが腰痛と関係ありました。

 

 ◯今回の症状の改善の鍵となる調整箇所は・・・

◯原因その1(肉体ストレス)

【メラトニン】

松果体ホルモン 概日リズム 体内時計

【第5チャクラ】 

喉、首、甲状腺、気管、食道、口、耳と関連。

バランスが崩れると適切なコミュニケーションを取れない状況や環境を作り出

してしまいます。

【低血糖】

血糖値を上げようと、抗ストレスホルモン(アドレナリン、コルチゾール)の働きにより、血糖があがります。

また下げようとインシュリンが過剰にでて膵臓に負担をかけるので、

緩やかに血糖をあげるために吸収の早い、果糖(果物)や黒糖を摂取することをおすすめします。

 

◯原因その2(感情ストレス)

【パッチフラワーレメディー】ホーンビーム

月曜病のようにやる気が起きない。 精神的疲労感。

【思考の癖】完全であれ

不満足感、減点主義、オーバーに語る傾向

【思考の癖】相手を喜ばせろ

人間関係でストレスを溜めがち、NOと言えない

【インナーチャイルド】劣等感、罪悪感

子供時代の記憶や経験が、大人になった自分の行動や感情に影響を与えている。

 

◯原因その3(環境ストレス)

【薬害】

薬は重金属、脂溶性の毒物なので脂肪にたまっていきます。

肝臓のフィルターを通らないので、デトックスをするには汗をかくことが必要です。

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明後、調整しました。

 

自分の心に向き合うきっかけを

当院では、お伝えしています。

 

*症状の原因は人によって異なります。

まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

首と腰が痛い

◯50代女性 2018年6月21日

症状:首と腰が痛くて困っている。 椎間板が潰れていると言われた。

 

◯原因を潜在意識に聞いてみたところ

固執という感情が頚椎一番を変位させていたようです。

本人は全く自覚がないようですが、潜在意識は覚えていて、症状で教えてくれます。

調整後すぐに痛みが消失しました。

 

 ◯今回の症状の改善の鍵となる調整箇所は・・・

◯原因その1(肉体ストレス)

【頚椎一番】ASRA

【第4チャクラ】

心臓や循環器、胸、動脈、血の流れと関連。

バランスが崩れると、愛に対する不安や恐れから、様々な問題が引き起こされる。

【糖質過剰】

砂糖やお菓子なども勿論ですが、白米やうどん、パスタ、麺などもGI値の上昇が高いので注意です。

蕎麦や玄米などがオススメです。

【低血糖】

血糖値を上げようと、抗ストレスホルモン(アドレナリン、コルチゾール)の働きにより、血糖があがります。

また下げようとインシュリンが過剰にでて膵臓に負担をかけるので、

緩やかに血糖をあげるために吸収の早い、果糖(果物)や黒糖を摂取することをおすすめします。

 

◯原因その2(感情ストレス)

【ストレスの要素】

固執していること

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明後、調整しました。

 

自分の心に向き合うきっかけを

当院では、お伝えしています。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

左腰が痛くなる

◯40代男性 2018年3月28日

症状:1、2年前からずっと立っていると左の腰が痛くなる。

ずっと疲労がぬけない。

 

◯原因その1(肉体ストレス)

【内臓の弱り】

左の腎臓 胆のう 膵臓 右肺

【交感神経優位】だと?

血流障害(血管収縮)→体温低下→免疫低下、ホルモンバランスの乱れ

リンパ球低下→ウイルス感染、活性酸素増加→DNA→がん

GABA不足と一連のことが乱れ様々な症状につながります。

【低血糖】

血糖値を上げようと、抗ストレスホルモン(アドレナリン、コルチゾール)の働きにより、血糖があがります。

また下げようとインシュリンが過剰にでて膵臓に負担をかけるので、緩やかに血糖をあげるために吸収の早い、果糖(果物)や黒糖を摂取することをおすすめします。

【副神経】第11脳神経

首、肩の動きを支配する

胸鎖乳突筋機能障害、僧帽筋機能障害

頸椎部筋肉の過緊張(頸静脈孔における問題をさらに複合させる)

 

◯原因その2(感情ストレス)

【ネガティヴ感情】胆嚢経絡

(恨み、憤り、心痛、出来ないこと、頑固、抑圧、変化、停滞、前進できない、やり抜くことができない)

【第2チャクラ】

生殖器や膀胱、精巣、卵巣に関連。

バランスが崩れていると自発性や楽しみ、喜びを失ってしまいがち。

【第3チャクラ】

背中下部、胃、肝臓、腎臓と関連。

バランスが崩れると真に望む人生を生きられなくなる。

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明後、調整しました。

 

◯今回の症状の主な原因は・・・

日頃のストレスにより内臓機能が下がっていました。

全体的に内臓が下垂していたので、疲労も抜けなく。

全体的に不調のようでした。

過去に難聴だったようです。

腎臓に負担がかかると腰痛や耳の聞こえなどの症状が出やすいです。

 

まずは内臓機能が上がるまでは施述によって肝臓を調整していきます。

その後なぜストレスを受けているかに向き合うことが必要になっていきます。

 

自分の心に向き合うきっかけを

当院では、お伝えしています。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

劣等感からくる腰痛

◯40代女性 2018年3月7日

症状:一週間前から腰が痛い。 慢性的に首肩が凝っていて辛い。

 

◯原因その1(肉体ストレス)

【内臓の弱り】

心臓、膵臓、右腎臓

【交感神経優位】だと?

血流障害(血管収縮)→体温低下→免疫低下、ホルモンバランスの乱れ

リンパ球低下→ウイルス感染、活性酸素増加→DNA→がん

GABA不足と一連のことが乱れ様々な症状につながります。

【第2チャクラ】

生殖器や膀胱、精巣、卵巣に関連。

バランスが崩れていると自発性や楽しみ、喜びを失ってしまいがち。

 

◯原因その2(感情ストレス)

【インナーチャイルド】

子供時代の記憶や経験が、大人になった自分の行動や感情に影響を与えている。

【ネガティヴ感情】大腸経絡

(罪、非難、恐れ、恥、心配、溜め込む、けち、固執、潔癖性、泣き声、

汚い言葉、感情を隠すこと、あきらめる、しりぬぐい、従順、敗北)

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯今回の症状の主な原因は・・・

劣等感からくるストレスで腎臓が弱っていたのが腰痛の原因のようです。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

立ち仕事のせい?そり腰のせい?

◯40代女性 2018年2月6日

症状:、腰痛が慢性的に辛い。 そり腰。

 身体のバランス、肩が内側にはいってしまう。

 

◯原因その1(肉体ストレス)

【内臓の弱り】

膵臓、下降結腸

【糖質過剰】

砂糖やお菓子なども勿論ですが、白米やうどん、パスタ、麺などもGI値の上昇が高いので注意です。

蕎麦や玄米などがオススメです。

【低血糖】

血糖値を上げようと、抗ストレスホルモン(アドレナリン、コルチゾール)の働きにより、血糖があがります。

また下げようとインシュリンが過剰にでて膵臓に負担をかけるので、

緩やかに血糖をあげるために吸収の早い、果糖(果物)や黒糖を摂取することをおすすめします。

【胸椎12番】右変位

【第5チャクラ】 

喉、首、甲状腺、気管、食道、口、耳と関連。

バランスが崩れると適切なコミュニケーションを取れない状況や環境を作り出

してしまいます。

【癒着】

本来分離しているはずの組織や臓器が炎症のためくっついている。

 

◯原因その2(感情ストレス)

【ネガティヴ感情】肺経絡

(ひがみ、悲しみ、苦悩、非難、抵抗、頑固、感情を隠すこと、あきらめること)

【認知の歪み】全か無か思考

物事を見る時。「白か黒か」「正しいか間違いか」という、

極端な見方をしてしまうこと。

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯今回の症状の主な原因は・・・

低血糖による膵臓負担からの腰痛のようでした。

癒着しているようです。

まだ痛みは続いているようなので、

日頃からなぜ腰痛があるのかに向き合うことで、早く改善していきます。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

なんで痛いの?

◯20代男性 2018年2月14日

症状:2週間前から腰が痛い、膝、足も重たい、足裏が痛い。 頭痛。

 

◯原因その1(肉体ストレス)

【副神経】第11脳神経

首、肩の動きを支配する

胸鎖乳突筋機能障害、僧帽筋機能障害

頸椎部筋肉の過緊張(頸静脈孔における問題をさらに複合させる)

【交感神経優位】だと?

血流障害(血管収縮)→体温低下→免疫低下、ホルモンバランスの乱れ

リンパ球低下→ウイルス感染、活性酸素増加→DNA→がん

GABA不足と一連のことが乱れ様々な症状につながります。

【低血糖】

血糖値を上げようと、抗ストレスホルモン(アドレナリン、コルチゾール)の働きにより、血糖があがります。

また下げようとインシュリンが過剰にでて膵臓に負担をかけるので、

緩やかに血糖をあげるために吸収の早い、果糖(果物)や黒糖を摂取することをおすすめします。

【内臓の弱り】

肝臓、膵臓

【第2チャクラ】

生殖器や膀胱、精巣、卵巣に関連。

バランスが崩れていると自発性や楽しみ、喜びを失ってしまいがち。

 

◯原因その2(感情ストレス)

【トラウマ】

心理的に影響が長くのこるような体験、精神的外傷。

【インナーチャイルド】

子供時代の記憶や経験が、大人になった自分の行動や感情に影響を与えている。

【思考の癖】強くあれ

正しさを主張する、理詰めで相手を論破する傾向

【思考の癖】急げ

常に次にやることは何かを考える、「今ここ」を楽しめないタイプ

【ネガティヴ感情】小腸経絡

(悲しみ、弱点、不安、つながり、攻撃、過労、要求、渇望、注目を浴びたがる)

 

◯原因その3(環境ストレス)

【外邪】

自然界の影響によるもの。 生体機能が弱いと季節変化でも体調を崩す。

【重金属】

【ダイオキシン】

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯今回の症状の主な原因は・・・

肝臓、膵臓の弱りから腰痛がでているようです。

なぜそこが弱くなるかに気づくことが必要となります。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

1時間以上座っていられない。

◯40代男性 2018年2月15日

症状:腰痛、腰のきわが重い、ぎっくり腰に春先になる。

高血圧。

 
◯原因その1(肉体ストレス)

【内臓の弱り】

心臓、右腎臓、精巣

【体内pH】

酸性に傾くと頭痛、疲労感、低血圧、不眠などの症状がでたりする。

pH7、3〜7、4の弱アルカリが正常

【第4チャクラ】

心臓や循環器、胸、動脈、血の流れと関連。

バランスが崩れると、愛に対する不安や恐れから、様々な問題が引き起こされる。

 

◯原因その2(感情ストレス)

【ネガティヴ感情】肝臓経絡

(不幸、怒りやイライラ、侵略、でしゃばり、働きすぎ、前進できない、がまん出来ない、固執、責任転嫁)

【パッチフラワーレメディー】ホワイトチェストナット

繰り返し同じ想念や不安がつきまとい、恐れや出来事から気分を転換できない。

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯今回の症状の主な原因は・・・

心臓が弱っている事により腰痛がでているようでした。

心臓が弱くなる原因として、支配欲や嫉妬などと関係があります。

 

自分の心に向き合うきっかけを

当院では、お伝えしています。

 

◯患者さんの声

腰痛に悩んでおり受診しました。ほとんど体には触らない不思議な整体で、終わってからも気分的には狐につままれたような感じでしたが、確かに体はすっきりし、腰の違和感も軽減したような・・?もう少し時間が経つと効果が実感できるのかもしれません。神泉駅が最寄ですが、渋谷駅から歩いても苦になることはないと思います。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

座っていると腰が痛い

◯40代男性 2018年2月26日

症状:腰痛、最近頭痛がして困っている。

 

◯原因その1(肉体ストレス)

【内臓の弱り】

膵臓、左肺

【低血糖】

血糖値を上げようと、抗ストレスホルモン(アドレナリン、コルチゾール)の働きにより、血糖があがります。

また下げようとインシュリンが過剰にでて膵臓に負担をかけるので、緩やかに血糖をあげるために吸収の早い、果糖(果物)や黒糖を摂取することをおすすめします。

【第2チャクラ】

生殖器や膀胱、精巣、卵巣に関連。

バランスが崩れていると自発性や楽しみ、喜びを失ってしまいがち。

 

◯原因その2(感情ストレス)

【ネガティヴ感情】大腸経絡

(罪、非難、恐れ、恥、心配、溜め込む、けち、固執、潔癖性、泣き声、

汚い言葉、感情を隠すこと、あきらめる、しりぬぐい、従順、敗北)

【インナーチャイルド】

子供時代の記憶や経験が、大人になった自分の行動や感情に影響を与えている。

【思考の癖】強くあれ

正しさを主張する、理詰めで相手を論破する傾向

【思考の癖】完全であれ

不満足感、減点主義、オーバーに語る傾向

【パッチフラワーレメディー】ウォーターバイオレット【

自尊心が高くて、人と距離を置きがち、とっつきにくくみえることがある。

【パッチフラワーレメディー】ワイルドオート

人生の方向性が見つけられない迷い、自分の願いがはっきりしない

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯今回の症状の主な原因は・・・

ストレスによる血糖値の低下が腰痛と関係あるようです。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

親との記憶が腰痛に関係あるの?

◯30代女性 2017年8月1日

症状:腰痛、足首の痛み、膝周りの痛み、鼻づまり、チョコレート嚢胞、肩こり

 

◯原因その1(肉体ストレス)

【副交感神経優位】

倦怠感、常にだるい、眠い

顆粒球低下→細菌感染

リンパ球過剰→血流障害(血管拡張によるもの)→体温低下→肥満→がん

【糖化タンパク質】

タンパク質と糖質が加熱されてできた物。(例、パンケーキやハンバーガーなど)

糖質をとりすぎて、体の中のタンパク質に糖が結びつき糖化してしまう老化現象(糖化)

【活性酸素】

ストレスなどによって、体内に酸素が発生し過ぎて、溢れ出てしまうと細胞が酸化(老化)していきます。

【糖質過剰】

砂糖やお菓子なども勿論ですが、白米やうどん、パスタ、麺などもGI値の上昇が高いので注意です。

蕎麦や玄米などがオススメです。

【体内pH】

酸性に傾くと頭痛、疲労感、低血圧、不眠などの症状がでたりする。

pH7、3〜7、4の弱アルカリが正常

【第2チャクラ】

生殖器や膀胱、精巣、卵巣に関連。

バランスが崩れていると自発性や楽しみ、喜びを失ってしまいがち。

【マヤズム】胆のう こうしなければいけない、義務感、消化できない思い

歴史的、遺伝的、肉体的、精神的な病気の土壌。

先祖から受け継いできたもの、弱った時にでてくる問題。

【心臓と脳】血液粘度増加

【肝臓、胆のう】胆汁分泌機能低下

【膵臓】インスリン分泌機能低下

【女性機能】性腺刺激ホルモン過剰、プロゲステロン過剰、子宮頸部嚢胞

【免疫機能】気道免疫低下、消化管免疫低下

【健康状態】細胞内酵素保有量低下、脳力低下

【身体の毒素】食品添加物、残留農薬

【リウマチ性骨炎】靭帯老化、骨粗鬆症、腰椎石灰化

【脳神経】感情指数過剰、脳組織血液供給亢進

【ミネラル】ケイ素、マグネシウム、セレン、カリウム、カルシウム不足 水銀過剰

【ビタミン】ビタミンC、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンB12不足

【肥満】下垂体性肥満、内臓脂肪

【皮膚】皮膚コラーゲン、皮膚フリーラジカル、皮膚水分

【アレルギー】薬物アレルギー、抗生物質アレルギー、変異体淡白質アレルギー

【アレルギー2】ガスアレルギー、UVアレルギー、ほこりアレルギー、化学繊維アレルギー、油煙アレルギー

【花粉アレルギー】

【骨密度低下】

 

◯原因その2(感情ストレス)

【インナーチャイルド】12歳の時の記憶

子供時代の記憶や経験が、大人になった自分の行動や感情に影響を与えている。

【ネガティヴ感情】肝臓経絡

(不幸、怒りやイライラ、侵略、でしゃばり、働きすぎ、前進できない、がまん出来ない、固執、責任転嫁)

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯今回の症状の主な原因は・・・

親とのことを言われるとは思わなかったそうです、

身体も楽になったようです。

 

親と症状の関係はとても根深いです。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

 

首、肩のこわばりや腰痛は【寄生虫】から

◯30代女性 

症状:首、肩周りのこわばり、痛み 右腰痛

 

◯原因その1(肉体ストレス)

【左膝蓋骨】

【左大腿骨】

【フルスパイン】

【寄生虫】フィラリア

【糖化タンパク質】

タンパク質と糖質が加熱されてできた物。(例、パンケーキやハンバーガーなど)

糖質をとりすぎて、体の中のタンパク質に糖が結びつき糖化してしまう老化現象(糖化)

【フリーラジカル】

ストレスなどによって、体内に酸素が発生し過ぎて、溢れ出てしまうと細胞が酸化(老化)していきます。

【クモ膜の捻じれ、緊張】頸髄、胸髄、腰髄

【CSF屈曲障害】

【頭蓋骨の固着】

【蝶形骨】右捻転に歪んでいたので調整しました

【CSF循環不足】

【AGE】

【交感神経】

血流障害(血管収縮)→体温低下→免疫低下、ホルモンバランスの乱れ

リンパ球低下→ウイルス感染、活性酸素増加→DNA→がん

GABA不足

【癒着】炎症がくっついた状態

【石灰化】ミネラル不足

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯今回の症状の主な原因は・・・

押さなければ痛くない状態になりました

ウイルスや菌、寄生虫など避けれないものはたくさん身の回りにありますが、

体内に侵入しても大丈夫な免疫をあげるために避けれるものはあります。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

 

帝王切開で生まれた子供は。

◯40代男性

症状 腰痛 仙骨、肩と首の痛み、下肢の重さ

◯原因その1(肉体ストレス)

【栄養】ビタミンA過剰

【エネルギー】低下している

 

◯原因その2(感情ストレス)

【トラウマ】13歳

心理的に影響が長くのこるような体験、精神的外傷。

【感情】絶望して何をやっても無駄と考える

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯今回の症状の主な原因は・・・

全ての症状が緩和され、身体が軽くなりすっきりされたようです。

13歳のときは親元を離れ、寮にはいっていたそうです。 

胃腸炎などの病気にもかかっていたそうで、

やはり早くに親元を離れると身体に症状としてでてくることが多いです、

大人になったいまも心配や不安などに悩まされやすいので、

その子供の意思を尊重した上で離れることをお勧めします。

統計ですが、帝王切開で生まれた子供は自殺率が高いそうなのでその後のスキンシップをしっかりとってあげてください。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

 

突然の腰の痛み。

◯30代女性

症状 腰の突然の痛み

 

◯原因その1(肉体ストレス)

【糖質過剰】

砂糖やお菓子なども勿論ですが、白米やうどん、パスタ、麺などもGI値の上昇が高いので注意です。

蕎麦や玄米などがオススメです。

【膵臓】

【エネルギー】低下している

 

◯原因その2(感情ストレス)

【快眠】膵臓にとどまっている18歳の記憶

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯今回の症状の主な原因は・・・

あきらかな腰の変化にびっくりされていました

 

最近の寒さの変化で疲れてしまい、大きな案件が終わったことで身体に遅れて症状がでて、

御昼にコーヒーにたまたま砂糖をいれたら腰が激痛になったという、症状の原因は多岐に渡るので重なった時が危険です。

18歳の時に東京にでてきたという記憶も関係していたので、メンタルの問題は根強いのでなかなか治らないというかたは、そ

の辺も調整しないといけないので、筋肉や内臓だけの調整では無理な範囲になります。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

 

 バランスの悪さからくる腰痛は踵骨の問題

◯50代男性

症状:腰痛、バランスが悪い、足の重さ、肩のはり

 

◯原因その1(肉体ストレス)

【四肢関節】左踵骨 23歳の時の怪我

【糖化タンパク質】

【糖質過剰】

【フリーラジカル】

【クモ膜の捻じれ】頸髄、胸髄

【石灰化】ミネラルの吸収低下【過酸化脂質】摂取油の問題

【蝶形骨】左捻転、圧縮

 

◯原因その2(環境ストレス)

【気候】

【重金属】薬害

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯今回の症状の主な原因は・・・

身体は軽くなり、背がのびた感じみたいです

踵の骨はバランスをとるために大事な部位なので他の症状にも影響が出ます。

冬は発汗しずらいので低温サウナなどでデトックスすると内臓や代謝などにも良いと思います。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

現在の腰痛などの症状は過去のトラウマから

◯40代男性

症状:腰痛、足のはり、風邪

 

◯原因その1(肉体ストレス)

【糖質過剰】

【活性酸素】

【軟膜の捻じれ】延髄 腰髄 仙髄

【全内臓】

【全経絡】

【全チャクラ】

【癒着】

【石灰化】

【CSF屈曲障害】

 

◯原因その2(感情ストレス)

【トラウマ】18歳 落胆して気持ちが動揺している、動揺している 大学受験のとき

【トラウマ】23歳 絶望して、何をやっても無駄と考える 見習い一年のとき

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯今回の症状の主な原因は・・・

以前からの足の裏の痛みは消失しており、今回の腰の痛み、硬さも消失しました。

 

あるポイントが良くなっても悪いところがあるとそれが目立ちます、そこにフォーカスする人が多いが現状です。

なんで悪くなったのか、なんで良くなったのかどちらもみようとする方が改善が早くなると思います。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

肝臓疲労はお酒だけではない

◯30代男性

症状:腰痛、右足が極端に短い、肩があがらない、目がしばしばする

 

◯原因その1(肉体ストレス)

【第1チャクラ】

脚や骨、免疫システム、直腸、結腸と関連。

バランスが崩れると、地に足がついていない感じになり、不安定になる。 

心配や不安、ひどくなると被害妄想になる。

【肝臓】

 

◯原因その2(感情ストレス)

【感情】人の長所が見えにくく、批判的

 

◯原因その3(環境ストレス)

【水道添加物】トリハロメタン 

【ダニ】

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯今回の症状の主な原因は・・・

足は揃い、全体的に軽くなりました。

環境ストレスにより、肝臓に負担がかかっていたようです。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

 

 

腰の痛みはウイルスと菌が潜在していた

◯20代女性

症状:腰が痛い、お尻が痛い、首の詰まる感じ、むくみ

 

◯原因その1(肉体ストレス)

【糖質過剰】

【活性酸素】

【サプリ】亜鉛、鉄のサプリが過剰

【第5チャクラ】

喉、首、甲状腺、気管、食道、口、耳と関連。

バランスが崩れると適切なコミュニケーションを取れない状況や環境を作り出

してしまいます。

【細胞】神経衰弱、周期的に繰り返す下痢

【農薬】ベルメトリン

1960年〜70年にかけて強い毒性のものが増えたので規制されたが、

現在でも長期的にみると健康を害するものである。

【体内PH】酸性 PH2

酸性に傾くと頭痛、疲労感、低血圧、不眠などの症状がでたりする。

pH7、3〜7、4の弱アルカリが正常

【過酸化脂質】

コレステロールや中性脂肪が活性酸素によって酸化されたものが体内に留まった状態。

 

◯原因その2(感情ストレス)

【ウイルス】コクサッキーウイルス 踵骨、膝蓋骨、股関節、フルスパイン

【菌】溶連菌

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯今回の症状の主な原因は・・・

ウイルスと菌が痛みの原因だったようです。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

腎臓が弱ると腰痛になりやすい

◯30代男性

症状:腰痛、目の疲れ、手荒れ

 

◯原因その1(肉体ストレス)

【腫瘍】右腎臓 

【栄養素】鉄不足

【消化酵素】パパイン

【細胞】皮膚疾患、神経衰弱

【体内ph】ph8 アルカリ性

酸性に傾くと頭痛、疲労感、低血圧、不眠などの症状がでたりする。

pH7、3〜7、4の弱アルカリが正常

【脳脊髄液】循環不足

脳と脊髄を包み込む膜の体液。滞ると自律神経が乱れ、治癒力、免疫力などが落ちる。

【活性酸素】

【過酸化脂質】

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯今回の症状の主な原因は・・・

すぐに腰の痛みがなくなりました。

 

 腎臓が弱ったための腰痛でした。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

 

妄想からくる腰の痛み

◯30代男性

症状:腰痛、喉のつまり

 

◯原因その1(肉体ストレス)

【結核マヤズム】胆嚢 p3

歴史的、遺伝的、肉体的、精神的な病気の土壌。

先祖から受け継いできたもの、弱った時にでてくる問題。

【過酸化脂質】

コレステロールや中性脂肪が活性酸素によって酸化されたものが体内に留まった状態。

 

◯原因その2(感情ストレス)

【関係妄想】なんでも自分に関係づける思い込み

 

◯原因その3(環境ストレス)

【場所の浄化】職場の監督デスク

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯今回の症状の主な原因は・・・

痛みもはりも消失し、すっきりしました。

自分に関連付けてしまう癖からくる腰痛のようです。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい