股関節が痛い

股関節の痛みがなかなかよくならないケース

◯50代男性 2018年5月7日

症状:左の股関節が8ヶ月ほど前から痛い。 左ひざに水が溜まった。

ゴールデンウィークでゴルフをして腰痛。

 

◯原因を潜在意識に聞いてみたところ

重金属が食物連鎖の関係で体内に入り、なかなか外に出せなかったことが股関節に痛みを出していたようです。

異物から身を守るために抵抗することで身体に緊張感や硬直したりします。

いままでできたこともちょっとしたことで怪我につながります。

 

調整後すぐに痛みはほぼ消失したようです。

 

 ◯今回の症状の改善の鍵となる調整箇所は・・・

◯原因その1(肉体ストレス)

【内臓の弱り】

胆のう、下降結腸、S字結腸

【第2チャクラ】

生殖器や膀胱、精巣、卵巣に関連。

バランスが崩れていると自発性や楽しみ、喜びを失ってしまいがち。

【腰椎1番】左変位

【メラトニン】

松果体ホルモン 概日リズム 体内時計

 

◯原因その2(感情ストレス)

【ネガティヴ感情】

敗北

 

◯原因その3(環境ストレス)

 【外邪】暑邪

自然からの影響、気温差など

【重金属】銅

食物連鎖によるもの

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明後、調整しました。

 

自分の心に向き合うきっかけを

当院では、お伝えしています。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

股関節の痛みはストレスによる胆嚢の慢性疲労

◯40代女性

症状:股関節痛、肩が痛い、ふくらはぎがつる

 

◯原因その1(肉体ストレス)

【側頭骨】が歪んでいたので調整しました。

【腫瘍】胆嚢

【大腰筋】

【腸骨筋】

【もつれ】

【癒着】

本来分離しているはずの組織や臓器が炎症のためくっついている。

【石灰化】

【交感神経】

血流障害(血管収縮)→体温低下→免疫低下、ホルモンバランスの乱れ

リンパ球低下→ウイルス感染、活性酸素増加→DNA→がん

GABA不足

【糖化タンパク質】

タンパク質と糖質が加熱されてできた物。(例、パンケーキやハンバーガーなど)

糖質をとりすぎて、体の中のタンパク質に糖が結びつき糖化してしまう老化現象(糖化)

【過酸化脂質】

コレステロールや中性脂肪が活性酸素によって酸化されたものが体内に留まった状態。

【活性酸素】

ストレスなどによって、体内に酸素が発生し過ぎて、溢れ出てしまうと細胞が酸化(老化)していきます。

【胸椎5番】胃腸不良

【体内ph】酸性

酸性に傾くと頭痛、疲労感、低血圧、不眠などの症状がでたりする。

pH7、3〜7、4の弱アルカリが正常

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯今回の症状の改善の鍵となる調整箇所は・・・

胆のう
側頭骨

 

その後痛みが消失したそうで、喜んでいただけました。

胆嚢は消化などを司る内臓で、物事の消化ができないかたなどもここに負担がかかります。

 

私たちが人とコミュニケーションを交わすとき、

相手は必ずしもこちらの期待どおりの反応をするわけではありません。

 

ですが私たちは、相手が身近な人であればあるほど、相手に対して無意識に期待を持ってしまいます。

「このくらいのことはわかってくれるはずだ」
「以前お願いしたことを覚えてくれるはずだ」
「聞き分けのないことは言わないはずだ」

とか、そんな期待をひそかに持つわけです。

しかし、そのような期待どおりの反応を相手がしてくれないということは、日常茶飯事です。

 

思い通りにならないことへの耐性が弱いと、

すぐにイライラしてしまったり、

あるいは相手を是正(悪い点や不都合な点を改め正すこと)しようとしたり、

相手をコントロールしようとしたりします。

ときに怒りを爆発させる場合もあります。

これでは、お互いが幸せを感じるような人間関係をなかなか築くことができませんね。

 

逆にこの思い通りにならないことへの耐性が強い人は、

思い通りにならない状況の中でも、

相手のことを尊重しながら、対話の努力を建設的に続けていくことができるので、

幸せで豊かな人間関係を築けるのです。

 

 *症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

 

やる気スイッチが入っていなかったための股関節痛

◯30代女性

症状:股関節、肩こり、腰痛

 

◯原因その1(肉体ストレス)

【側坐核】快楽、やる気など 

【扁桃体】恨み、自分がかわいそうに思え、被害者意識的な怒りを感じる

【糖化タンパク質】

タンパク質と糖質が加熱されてできた物。(例、パンケーキやハンバーガーなど)

糖質をとりすぎて、体の中のタンパク質に糖が結びつき糖化してしまう老化現象(糖化)

【グルタミン酸】尿などの異常

脳機能を活性化、ストレスへの抵抗力 

尿の排泄作用を促進する

【アンモニア】

【ジベンゾフラン】

【腸腰筋】

【活性酸素】

ストレスなどによって、体内に酸素が発生し過ぎて、溢れ出てしまうと細胞が酸化(老化)していきます。

【遺伝子突然変異】肩甲骨

【腫瘍】胆嚢

【側頭骨】が歪んでいたので調整しました。

 

◯原因その2(環境ストレス)

【場の想念】職場

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯今回の症状の改善の鍵となる調整箇所は・・・

側坐核

 

症状は快調に向かいました。

やる気がでないと身体も重たくなるものです。

その負担が股関節などに影響がでていたようです。

 

「自分の天命は何だろうか?」
「自分の転職は何だろうか?」

という問いは、僕にとってとてもワクワクする問いであり、

常に自分に問いかけておりますが、この問いの答えは、今の僕にはわかりません。

ですが、このワクワクする問いを自分に問いかけながら、目の前の現実に楽しく取り組んでいる毎日は、

とても幸せなものだと感じます。

 

自分の心に向き合うきっかけを

当院では、お伝えしています。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。