交通事故(腰痛)

事故後、腰が痛い

◯40代女性 2018年2月3日 

症状:追突事故により、腰が痛む、右膝も痛く、走ることができない。

高血圧、動悸。 体重増加。 お腹が痛い。

 

◯原因その1(肉体ストレス)

【副交感神経優位】だと?

倦怠感、常にだるい、眠い

顆粒球低下→細菌感染

リンパ球過剰→血流障害(血管拡張によるもの)→体温低下→肥満→がん

と一連のことが乱れ様々な症状につながります。

【癒着】

本来分離しているはずの組織や臓器が炎症のためくっついている。

【靭帯】膝十字靭帯

【副神経】第11脳神経

首、肩の動きを支配する

胸鎖乳突筋機能障害、僧帽筋機能障害

頸椎部筋肉の過緊張(頸静脈孔における問題をさらに複合させる)

【内臓の弱り】

膵臓、心臓、右肺下葉

 

◯原因その2(感情ストレス)

【トラウマ】

心理的に影響が長くのこるような体験、精神的外傷。

【インナーチャイルド】

子供時代の記憶や経験が、大人になった自分の行動や感情に影響を与えている。

【認知の歪み】レッテル貼り

自分や他者にレッテルを貼り、実際には様々な特徴を持っている人間(自分や他者)

を、1つのレッテルにすり替えてしまうこと。

【心の声】完全であれ

不満足感、減点主義、オーバーに語る傾向

【ネガティヴ感情】肺経絡

(ひがみ、悲しみ、苦悩、非難、抵抗、頑固、感情を隠すこと、あきらめること)

 

 

*上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯今回の症状の主な原因は・・・

交通事故によるトラウマが原因で、腰痛がいつまでも続いているようです。

 

後日記載

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。