ペットの整体

吐いてしまった原因

◯犬 2018年10月12日

症状:4日前に吐いてしまった。 胆のうに砂がたまっている。

後足が悪かった(整体してからはいまのところ調子が良いみたいです。) 

 

◯原因を潜在意識に聞いてみたところ

過酸化脂質という脂が原因でした。

お伝えしたところ、吐く数日前にコッペパンを食べさせたようです。

胆のうがもともと機能低下していたので消化がうまくできず、吐いたようです。

 

 ◯今回の症状の改善の鍵となる調整箇所は・・・

◯原因その1(肉体ストレス)

【内臓の異常】

胃、胆のう

◯原因その2(環境ストレス)

【過酸化脂質】

コレステロールや中性脂肪が活性酸素によって酸化されたものが体内に留まった状態。

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明後、調整しました。

 

自分の症状に向き合うきっかけを

当院では、お伝えしています。

 

犬のてんかん

◯犬 13歳メス

症状:てんかん、糖尿病で目がみえなくなってきた、ヘルニア

 

◯その原因とポイントは?

*肝臓

 

体の異常としては肝臓の遺伝の問題がみられました。

肝臓は目の症状と関係性が強いです。

大量な薬による薬害もみうけられました。

 

*ホルモン(膵臓)

インシュリンのホルモンも筋力検査にて異常がみられました。

糖尿病は膵臓が弱って機能してこなくなると、インスリンが分泌しなくなり、血糖値を下げることが自力では難しくなります。

食事もすぐに血糖値があがるので気をつけることが大切です。

 

*腰椎2番

てんかんでの発作でのびてしまい、変位してしまったようです。

 

*心臓

心臓は支配欲など、相手をコントロールしようとすると症状などがでます。

飼い主の強い思いも影響します。

動物は言葉ではなく感性がとても強いのです。

 

*インナーチャイルド

2歳のころの育ち方に臆病になったり、怒られることがとくに怖くかんじたり、

防衛本能で耳を聞こえなくしたり、目をみえなくしたりすることもあります。

 

◯調整方法

人間と同じく、頭蓋骨を軽くタッチして調整していきました。

 

◯そのあとの状態、先生のコメント

まだ経過観察ですが、人間より素直だと思いますので、

年齢的には年ですが、治癒は人間より動物のほうが早いと思います。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。