うつ(鬱病)

そう鬱状態がコントロールできないのは幼少期の育ち方

20代女性 2019年3月

●症状

2年前からそう鬱で、左半身に強張りがでたり、そう状態で顔がひきつる。

最近は薬で落ち着いてきたが、強張り、不安が残っている。

 

●原因を潜在意識に聞いてみたところ

幼少期に培われた体験により恐怖観念やパニックがつきまとい、そう鬱の症状が発症し、延髄に負荷がかかっていました。

延髄にて運動神経を阻害し、左半身の筋力のコントロールができなかったようです。

「思いやり」

「信じること」

「認められた」

「必要とされた」

様々な欲求を外ではなく自分で満たしてあげることが根本的な改善につながります。

 

今回の症状の改善の鍵となる調整箇所は・・・

◯原因その1(肉体ストレス)

【錐体外路障害】

運動神経、働きが悪くなると身体をうまくコントロールできなくなる。 ふるえやこばばり、ソワソワ感など

【副神経】第11脳神経

首、肩の動きを支配する

胸鎖乳突筋機能障害、僧帽筋機能障害

頸椎部筋肉の過緊張(頸静脈孔における問題をさらに複合させる)

 

◯原因その2(感情ストレス)

【思考の癖】相手を喜ばせろ

人間関係でストレスを溜めがち、NOと言えない

【トラウマ】不安と恐怖

心理的に影響が長くのこるような体験、精神的外傷。

 

◯原因その3(環境ストレス)

【薬害】

薬は重金属、脂溶性の毒物なので脂肪にたまっていきます。

肝臓のフィルターを通らないので、デトックスをするには汗をかくことが必要です。

【農薬】

1960年〜70年にかけて強い毒性のものが増えたので規制されたが、

現在でも長期的にみると健康を害するものである。

 

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明後、調整しました。

 

 

うつになる人の2つの思い込み

30代男性 2018年10月

●症状

うつ病。 不安感。 吐き気。

 

●原因を潜在意識に聞いてみたところ

2つの思い込みが日々のストレス原因になっていて、そのストレスを感じたくないため

うつ状態にしているようです。

 

今回の症状の改善の鍵となる調整箇所は・・・

◯原因その1(肉体ストレス)

【内臓の異常】

肝臓、心臓

【第4チャクラ】

心臓や循環器、胸、動脈、血の流れと関連。

バランスが崩れると、愛に対する不安や恐れから、様々な問題が引き起こされる。

【メラトニン】

松果体ホルモン 概日リズム 体内時計

 

◯原因その2(感情ストレス)

【インナーチャイルド】劣等感、罪悪感

子供時代の記憶や経験が、大人になった自分の行動や感情に影響を与えている。

【思考の癖】強くあれ

正しさを主張する、理詰めで相手を論破する傾向

【思考の癖】相手を喜ばせろ

人間関係でストレスを溜めがち、NOと言えない

 

◯原因その3(環境ストレス)

【薬害】

薬は重金属、脂溶性の毒物なので脂肪にたまっていきます。

肝臓のフィルターを通らないので、デトックスをするには汗をかくことが必要です。

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明後、調整しました。

 

気分が憂鬱だから仕事に行きたくない

20代女性 2018年2月

●症状

1年位前からうつで苦しんでいる。 メンタルが安定しない。 うまく寝れない。

右の足首が痛い。 

 

●原因を潜在意識に聞いてみたところ

インナーチャイルド(子供の頃などに親や影響のある人からの期待やおしつけが思考の癖となり、大人になってもその癖が日常にでて支障がある)からくる鬱症状のようです。

 

今回の症状の改善の鍵となる調整箇所は・・・

◯原因その1(肉体ストレス)

【低血糖】

血糖値を上げようと、抗ストレスホルモン(アドレナリン、コルチゾール)の働きにより、血糖があがります。

また下げようとインシュリンが過剰にでて膵臓に負担をかけるので、

緩やかに血糖をあげるために吸収の早い、果糖(果物)や黒糖を摂取することをおすすめします。

【第2チャクラ】

生殖器や膀胱、精巣、卵巣に関連。

バランスが崩れていると自発性や楽しみ、喜びを失ってしまいがち。

 

◯原因その2(感情ストレス)

【インナーチャイルド】劣等感

子供時代の記憶や経験が、大人になった自分の行動や感情に影響を与えている。

【思考の癖】完全であれ

不満足感、減点主義、オーバーに語る傾向

【認知の歪み】感情による決めつけ

客観的な根拠に基づくものでなく、自分が感じていることに基づいて、物事を判断すること。

自分の感情をあたかも事実の根拠であるかのように錯覚すること。

【認知の歪み】べき思考

自分あるいは他者に対して、「〜すべきだ」「〜すべきではない」

「〜でなければならない」「〜であってはならない」と考えること。

【認知の歪み】レッテル貼り

自分や他者にレッテルを貼り、実際には様々な特徴を持っている人間(自分や他者)

を、1つのレッテルにすり替えてしまうこと。

【認知の歪み】自己関連づけ

よくないことがあると、自分との関連性を裏付ける根拠が乏しいのに、

自分のせいだと考えてしまう。

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

●患者さんの状態

調整後、うまく寝れるようになったそうです。

気分も上がってきたそうなので、このまま状態が安定するまでしっかりメンテナンスが必要です。

 

嫌な自分を受け入れるのと同時に「学ぶこと」が改善への1つの手段です。

 

現代人は孤独に対する恐怖感がとても強いので、携帯電話やインターネットでメールやツイッターをし続けずにはいられない人が非常に多いです。

 

ただ、学ぶことを身につけていると、より自分らしくいられる静かな時間や孤独が、むしろ歓迎すべきものになるはずです。

 

必ず人は老いていきます。

人生が後半に入り、晩年に向かえば向かうほど、

「自分が存在した意味は何だろう?」

などといった不安を伴う問いに襲われるようになるようです。

あるいは、

「自分を真に理解してくれる人はいない」

と思ったり、仕事もなくなって、社会における自分の存在意義がよくわからなくなったりします。

そうなると、他者に認められて自分の存在感を確認することが難しくなってしまいます。

 

特に定年を迎えた後の男性は自分のアイデンティを保つのが非常に苦しくなります。

それまでは、ポジション的にも尊敬され必要とされていたのに、定年を迎えた途端に不要とされ、家でも邪魔者扱いされたりします。

当然、寂しくなります。

 

しかし、学ぶことによって、自分の存在意義を自分で作り出すことができます。

いわば「存在意義の自給自足」みたいな感じです。

人生の残された時間を「学び」中心に変えていけば、自分がいま存在していることの充実感を得ることができるのです。

 

中には、ものの「消費」によって充実感を得る人もいますが、人間の欲望は際限ないので、1つ手にいれるとすぐに次がほしくなるもの。

だから、最終的な満足感を「消費」によって満たすことはできません。

 

自分の心に向き合うきっかけを

当院では、お伝えしています。

 

病は気から、信じ込みの怖さ

40代男性 2017年10月

●症状

高校の時から精神病になるが、どんな薬や方法でも治らなくて困っている。

頭の右が筋肉で凝り固まっている、噛み締め。 首肩周りの凝り。 下痢。

自然ではありえない確率のことが身の回りに起き、悪魔を感じたりして、恐ろしい。

人を殺したくなる。

 

◯原因その1(肉体ストレス)

【交感神経優位】だと?

血流障害(血管収縮)→体温低下→免疫低下、ホルモンバランスの乱れ

リンパ球低下→ウイルス感染、活性酸素増加→DNA→がん

GABA不足と一連のことが乱れ様々な症状につながります。

【副神経】第11脳神経

首、肩の動きを支配する

胸鎖乳突筋機能障害、僧帽筋機能障害

頸椎部筋肉の過緊張(頸静脈孔における問題をさらに複合させる)

 

◯原因その2(感情ストレス)

【霊障】龍

憑かれやすい方→同じ周波数、体温が低い、くよくよ悩む、ネガティヴ

頼まれごとなど断れない→疲れやすい、何かに依存しやすい

【トラウマ】2歳の時の記憶

心理的に影響が長くのこるような体験、精神的外傷。

 

*上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

今回の症状の改善の鍵となる調整箇所は・・・

肝臓
トラウマ
肝臓の経絡

 

肝臓に感情的な負担があるための鬱症状でているようです。

 

怖さや不安を抱えきれずにイライラしたり、暴力的になったり、何かに依存したりするという「アクティングアウト」が必要な身体でした。

それはそれで必要なので、まずは自分を受け入れて、気持ちを吐き出していくことが必要です。

 

多くの方が信じている常識も、社会通念も、科学も、すべては仮説にすぎません。

 

平安時代や江戸時代の人々が、当たり前のように「常識」や「社会通念」だと思っていたことは、現代人からみれば、奇妙で奇抜なものであったりします。

 

そこまで歴史を辿らなくても、我々の子供の頃を思い返してみただけでも、当時の常識と、今の常識で、ずいぶん違うものがあることに気づきます。

 

科学の学説にしても、定説と言われていたものが、ある発見によって180度くつがえることがあります。

 

何が言いたいかと言いますと、常識も、社会通念も、科学も、

「絶対不変の真実」

ではなく、

「現時点で採用されている仮説」

にすぎないということです。

 

そして我々が心の底で

「信じ込んでいること」(スキーマ)

つまり、私たちの「スキーマ」も実は「仮説」にすぎません。

 

例えば、

「自分はダメな人間だ」
「人に嫌われるべきではない」
「相手の期待に応えねばならない」

これらのスキーマは、本当は「仮説」にすぎないのですが、多くの場合、我々は自分のスキーマが「仮説」であることに気づいておらず、それが「真実」であると思い込んでいます。

 

そして、実際に我々は、自分のスキーマが真実であるという証拠をいくつも持っています。

 

例えば、

「自分がダメな人間だ」

というスキーマを持っている人は、自分がダメだという証拠をいくつも持っております。

 

そして、自分がダメな人間だという証拠がたくさんあるのだから、実際、

「自分はダメな人間なのだ」

「これが真実なのだ」

などと、無意識レベルで信じ込んでいるというわけです。

 

もしかしたら以下のように考える人もいるかもしれません。

 

「証拠がいくつもあるのならば、それは思い込み、信じ込みではなく、真実なのではないか」

 

確かに、あることについての証拠が揃っているのなら、そのことは真実と言ってもいいような気がします。

 

しかし、ここで問題になるのは、その証拠の信ぴょう性、信頼性です。

 

実は、我々の脳が集めてくる証拠は、ずいぶん偏ったものです。

 

我々の脳には

「確証バイアス」

というものが働いています。

 

「確証バイアス」

とは、自分の仮説や信じ込みと合致する情報ばかり集め、それに反する情報を無視してしまう傾向のことです。

 

ですので、

「自分はダメな人間である」

と思っている人は、自分がダメであることを証明するような事実ばかりを認識して、記憶し、自分がダメであることを反証するような事実は無視してしまうのです。

 

つまり、自分がダメであることを証明する事実は、脳のフィルターに引っかかって、しっかり認識され、記憶されますが、

自分がダメであることに反する事実は、脳のフィルターを素通りしてしまうので、認識されないのです。

 

そして、その結果、

「自分はダメな人間である」

という証拠ばかりをたくさん集めることになるわけです。

 

「世界の見え方自体が、あなたの脳の中にある仮説によって決まっているのです」

 

「データを集める場合も、仮説(最初に決めた枠組み)があって、その枠組みの中でデータを解釈するわけです」

 

いまある枠組みに都合のいいように、事実のほうが捻じ曲げられてしまいます。

でも、本人には、事実を捻じ曲げたという意識はない。

自覚がないから、自分が特定の仮説に縛られていることにも気づかないのです。

 

 

自分の心に向き合うきっかけを

当院では、お伝えしています。

 

*症状の原因は人によって異なります。
まずはあなたの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。