手首の痛み(TFCC損傷)

手首の痛みは先走った感情から

◯40代男性

症状:TFCC損傷、花粉症、くいしばり、口呼吸、アレルギー、座骨神経痛、大腸ポリープ、発達障害、老眼乱視、顔面神経麻痺

 

◯その原因は?

【心経】
(怒り、異常な興奮、傲慢、喜びすぎ、攻撃、過労、要求、渇望、注目をあびたがる、憂鬱、深い悲しみ)

【第5チャクラ】言いたいことがいえない、いいすぎてしまう 

喉、首、甲状腺、気管、食道、口、耳と関連。

バランスが崩れると適切なコミュニケーションを取れない状況や環境を作り出してしまいます。

【第3チャクラ】消化不良 自分を尊重できない 深呼吸できていない
背中下部、胃、肝臓、腎臓と関連。
バランスが崩れると真に望む人生を生きられなくなる。

【栄養吸収率低下】神経と脳の問題

【交感神経優位】

血流障害(血管収縮)→体温低下→免疫低下、ホルモンバランスの乱れ

リンパ球低下→ウイルス感染、活性酸素増加→DNA→がん

GABA不足

【ストレス】仕事、プライベート

【乳酸カルシウム】

カルシウムの乳酸塩で食品添加物や医薬品にも用いられる。

【癒着】

本来分離しているはずの組織や臓器が炎症のためくっついている。

【内臓】肝臓、胆嚢、膵臓、十二指腸、回腸、右肺上杯、気管支、心臓

【感情】

落胆して気持ちが同様している。悲観的。

【アセトアルデヒド】お酒

エタノールの酸化によって生成され、二日酔いの原因ともいわれる。

【化学物質】パラオキシ安息香酸メチル 

【頸椎一番】

【脳神経】顔面神経、内耳神経

【栄養バランス】ミネラル不足

【薬害】ストラテラ

【腸内フローラ】カンジタ菌

善玉菌2悪玉菌1日和見菌7のバランス 悪玉菌が増えてくるお腹を壊すだけでなく、様々な生活習慣病がでてくる。

【リーキーガッド症候群】腸壁がぼろぼろ

生活習慣が悪くなると腸壁が炎症を起こして荒れたり、

穴があいたりして未消化の物質や有害菌が侵入してしまう。

【知覚神経】後索、内側毛帯 触感、深部圧痛

【運動神経】錐体外路 右側筋力弱化

【視床下部ホルモン】

【下垂体ホルモン】

【胸腺】

【甲状腺ホルモン】

【副甲状腺ホルモン】

【副腎皮質、髄質ホルモン】

【膵臓ランゲルハンス島】インスリン

【松果体】メラトニン 体内時計

【腎臓】レニン 血圧の調整

【頭蓋骨固着】リズム乱れ

 

 

*上記、筋力検査にて異常を判明しました。

 

◯調整方法

【蝶形骨】が歪んでいたので調整しました。

【CoC1】脳脊髄液を流しました。

 

◯患者さんの状態

動かした時に少し痛みは軽減したようですが、まだ痛みはあるので数回調整が必要そうです。

◯先生のコメント

検査さえしっかり出来ていれば抜群の治癒能力を発揮できます。

その場で痛みを治す、消すわけではなく、治りにくい状態から治りやすい状態を作るのが整体です。