電車に乗れない

自分で作り出してしまっている恐怖、電車に乗れない

◯40代女性 2017年10月27日

症状:電車など閉鎖的な空間に乗ると息が苦しくなったり、パニックが起きる。

急行などは避ける、人身事故が起きてもとても困るため、電車に乗るのを避けている。

不妊治療中。 全身のこり、冷え。 お腹のはり、残便感。

 

◯その原因と調整箇所は?

【胸骨城郭】T3、4
【大胸筋鎖骨部】アレルギー、不安 肝臓、潰瘍
【交感神経優位】
血流障害(血管収縮)→体温低下→免疫低下、ホルモンバランスの乱れ
リンパ球低下→ウイルス感染、活性酸素増加→DNA→がん
GABA不足

【ストレス】

生活上のなんらかの刺激、それを感じること。

【糖化タンパク質】

タンパク質と糖質が加熱されてできた物。(例、パンケーキやハンバーガーなど)

糖質をとりすぎて、体の中のタンパク質に糖が結びつき糖化してしまう老化現象(糖化)

【低血糖】
血糖値を上げようと、抗ストレスホルモン(アドレナリン、コルチゾール)の働きにより、血糖があがります。
また下げようとインシュリンが過剰にでて膵臓に負担をかけるので、緩やかに血糖をあげるために吸収の早い、
果糖(果物)や黒糖を摂取することをおすすめします。
【第2チャクラ】
生殖器や膀胱、精巣、卵巣に関連。
バランスが崩れていると自発性や楽しみ、喜びを失ってしまいがち。

【腸内フローラ】

善玉菌2悪玉菌1日和見菌7のバランス 

悪玉菌が増えてくるお腹を壊すだけでなく、様々な生活習慣病がでてくる。

【体内pH】

酸性に傾くと頭痛、疲労感、低血圧、不眠などの症状がでたりする。

pH7、3〜7、4の弱アルカリが正常

【インナーチャイルド】7歳の時の記憶
子供時代の記憶や経験が、大人になった自分の行動や感情に影響を与えている。

【副神経】第11脳神経

首、肩の動きを支配する

胸鎖乳突筋機能障害、僧帽筋機能障害

頸椎部筋肉の過緊張(頸静脈孔における問題をさらに複合させる)

【ネガティヴ感情】肝臓経絡

(不幸、怒りやイライラ、侵略、でしゃばり、働きすぎ、前進できない、がまん出来ない、固執、責任転嫁)

【椎骨動脈】

 

*上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯患者さんの状態、先生のコメント

「あなたの過去はあなたの未来を邪魔しない」

 

完全であれという心の声

 

子供の頃、

「なんでもきちんとやりなさい」
「ミスをしないようにしなさい」
「失敗をするのはよくないことです」

などのメッセージを受け取りながら育った結果、

あるいは、失敗したときに叱られるという体験を繰り返した結果、

「完全でえあらねばならない」

という心の声に駆り立てられるようになった場合が多い。

 

ただこのことを自覚して緩める方法を知れば、

心の声に振り回されないですみます。

 

つまり、自らの望む人生に向けて、自分の内面をかえていけるということです。

 

電車に乗れないのは第5チャクラと腸の薬の問題

◯40代女性

症状:電車に乗れない、首肩こり、便秘、腰痛、手のこわばり

◯原因

【トラウマ】3歳の時
心理的に影響が長くのこるような体験、精神的外傷。

【細胞】神経と脳の問題

【第5チャクラ】言いたいことがいえない
喉、首、甲状腺、気管、食道、口、耳と関連。
バランスが崩れると適切なコミュニケーションを取れない状況や環境を作り出してしまいます。

【黄体形成ホルモン放出ホルモン】

性ホルモンの分泌を刺激するホルモン

【薬害】腸の薬

【化学物質】ピレトリン ショウブ根エキス

【霊障】ウイルス霊

憑かれやすい方→同じ周波数、体温が低い、くよくよ悩む、ネガティヴ

頼まれごとなど断れない→疲れやすい、何かに依存しやすい

 

*上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯調整

【側頭骨】が歪んでいたので調整しました。

 

◯患者さんの状態、先生のコメント

不安はまだあるが、電車にはだんだん乗れるようになり、腰痛はなくなりました。

薬害である脂溶性の毒は汗など燃焼とともに症状としてでてくるので、

薬はなるべく早く断つほうが良いです。

慣れや常識は時には怖いものです。

 

日本で一番最初に、養鶏場をはじめた人がいます。

その人は、はじめ、鶏をおりの中に入れて飼育したんですけれど、

檻の中の鶏どうなったと思いますか?

卵を産まなくなってしまったのです。

鶏は庭に放し飼いにされて、自由に好きなところを歩いてて、

朝になるとコケコッコーとか、鳴いていました。

それを、檻にいれられたものだから、鶏はストレスを感じて、卵を産まなくなってしまったのです。

そのとき、日本で一番最初に養鶏場を始めた人は何をしたかというと、ひよこの時から檻に入れておいたのです。

そうすると、檻の中の生活がなれっこになって、バンバン卵を産むようになるのですね。

 

そして、今の学校教育がこの養鶏場と同じです。

「英語の授業を一時間やったら、10分休み」
「数学を一時間やったら、10分休み」

その繰り返しです。

生徒はじっと我慢する訓練をしているんです。

要するに、面白くない仕事でも黙々とやる、そのための訓練をさせられているんだといいたいです。

 
本来、人間というのは、同じ作業をじっとやり続けることができません。

普通は飽きてしまいます。

学校で生徒の自由を許さなかったのは、安定して品質のいいものを大量に生産するための訓練だったのです。

ひよこの時から檻に入れて飼育するように、人間も6つぐらいで小学校に入れられて、

ずっとおもしろくない授業を聴いて、馴らされています。

みんなの個性を殺して、人間を機械みたいにさせていたんですね。