アトピー

顔のアトピーのかゆさはフィラグリン遺伝子の異常から

◯40代女性

症状:顔がかゆい、頭痛、腰痛、脚が重い、首のつまり

◯その原因は?

【フィラグリン遺伝子異常】
この遺伝子に異常があると、保湿力やバリア機能が正しく働かなくなるため、
皮膚炎が発症しやすくなる。

【トリヨードサイロニン】

甲状腺刺激ホルモン

【アレルゲン】ケヤキ、ヒメガマ

【体内ph】ph2 酸性

酸性に傾くと頭痛、疲労感、低血圧、不眠などの症状がでたりする。

pH7、3〜7、4の弱アルカリが正常

【糖化タンパク質】

タンパク質と糖質が加熱されてできた物。(例、パンケーキやハンバーガーなど)

糖質をとりすぎて、体の中のタンパク質に糖が結びつき糖化してしまう老化現象(糖化)

【筋肉痛】

【第3チャクラ】

背中下部、胃、肝臓、腎臓と関連。

バランスが崩れると真に望む人生を生きられなくなる。

【リンパ系】頸椎一番

【外邪】寒邪

自然界の影響によるもの。 生体機能が弱いと季節変化でも体調を崩す。

【ストレス】悩み考えすぎ

【三叉神経】

顔面の感覚や下顎の動きを支配する

 

*上記、筋力検査にて異常を判明しました。

 

◯調整

【側頭骨】が歪んでいたので調整しました。

【重心軸】がずれていたので調整しました。

 

◯患者さんの状態、先生のコメント

頭も身体もスッキリしたそうです。

アトピーは小腸と腸壁問題がクリアすることがポイントです。

食生活などを気をつけながら、

6ヶ月〜2年くらいで改善する方が多いです。

 

フィラグリン遺伝子とは、表皮の角質細胞に存在するケラチンを束ねることで角質層を強固にするもので、最終的にアミノ酸へ

と分解されて天然保湿因子として働くため、皮膚のバリア機能の維持にかかせないです。

設計図である遺伝子に異常があるとフィラグリンの生産量が抑えられ、保湿力やバリア機能が正しくは足らなくなるために、皮

膚炎が発症しやすくなる。

日本人のアトピー患者では、4分の1にフィラグリン遺伝子異常「産生抑制」が認められています。

 

そのアトピーは仕事のプレッシャー、緊張感からくる腎臓の弱り癖

◯20代女性

症状:目の腫れ、首、手のアトピー、不安感

 

◯その原因は?

【フィラグリン遺伝子異常】正常化

この遺伝子に異常があると、保湿力やバリア機能が正しく働かなくなるため、

皮膚炎が発症しやすくなる。

【亜鉛】不足

【左腸骨筋】

【感情】
絶望して、何をやっても無駄と考える
理由もないのに、悲しく、完全に憂鬱
【ストレス】仕事
【場の浄化】職場にいると緊張する

【細胞】皮膚疾患、神経衰弱

【腫瘍】胆嚢

【癌】肝臓

【マヤズム】腎臓の弱り癖
歴史的、遺伝的、肉体的、精神的な病気の土壌。
先祖から受け継いできたもの、弱った時にでてくる問題。

【前頭骨】

【重金属】ステロイド

【体内ph】ph1酸性

酸性に傾くと頭痛、疲労感、低血圧、不眠などの症状がでたりする。

pH7、3〜7、4の弱アルカリが正常

【活性酸素】

ストレスなどによって、体内に酸素が発生し過ぎて、溢れ出てしまうと細胞が酸化(老化)していきます。

【過酸化脂質】

コレステロールや中性脂肪が活性酸素によって酸化されたものが体内に留まった状態。

【基底核】

【油】オメガ3系の油不足

【細胞強化】

【アトピー】

 

*上記、筋力検査にて異常を判明しました。

 

◯調整方法

【側頭骨】が歪んでいたので調整しました。

 

◯患者さんの状態

徐々に皮膚が再生され綺麗になってきました。

 

◯先生のコメント

アトピーはお腹の中いるときなどに内臓がうまく形成されなかったり、

遺伝などにより、肝臓や腎臓などの機能が下がるなどにより、

うまく排泄できないものが皮膚などのでやすいところから排泄されてしまうことが多いです。

腎臓だと手足の関節や首など

肝臓だと顔に出る方が多いですね。

 

 

 

脱ステロイド、アトピーで寝る時に顔が痒い。

◯40代男性

症状:アトピーで寝る時に顔が痒い

左ひざが痛い

 

◯原因は?

夜寝る時になるとかゆみがひどくなりかきむしってしまい、傷になるくらいです。

その原因はアトピーを抑えるために過去に服用していたステロイドが検査で反応していました。

・顔のかゆみ

【重金属】過去のステロイド

・左膝の痛み

【ストレス】仕事

【霊障】 生き霊「女性から思われている想念」

憑かれやすい方→同じ周波数、体温が低い、くよくよ悩む、ネガティヴ

頼まれごとなど断れない→疲れやすい、何かに依存しやすい

人の思いも時として身体に影響します、ご本人も思い当たる節があるみたいです。

 

*上記、筋力検査によって判明しました。

 

◯調整

【胸椎2番】が歪んでいたので調整しました

 

◯施術後の状態

左膝は痛くなくなり、内臓機能も正常「内臓の重さ、動きを施術前後で確認しました」

なので様子を見てもらいます

 

◯先生のコメント

ステロイドは重金属なので身体にとっては異物であり、外に出していきたいものなのです。

自律神経が整うと排泄機能が正常になり、一時的に悪化したりもしますが、出し切ると正常になっていきます。

よくなるためには痒みを伴うケースも多いですし、1〜2年と腸活していく必要があります。

 

まゆげのあたりのかゆみ、右膝の痛み

◯40代男性

症状 まゆげのあたりのかゆみ 右膝の痛み

◯原因
・まゆげ

【感情】対象がわかっている恐れや不安
【ウイルス】鳥インフルエンザウイルスH7N2型

・右膝の痛み

【トラウマ】20歳→クラスの全員にはぶられた

心理的に影響が長くのこるような体験、精神的外傷。

 

*上記、筋力検査によって判明しました。

◯調整

【胸椎12番】歪んでいたので調整しました

◯患者さんの状態、先生のコメント

後日かゆみはでなかったそうです、右膝もけがして炎症している部分は痛みがまだひきませんが可動範囲は正常なのでその方が

回復は早いと思います。

 

  アトピーは植物アレルゲン、化学物質

◯20代女性

症状:手のかゆみ 首のかゆみ 花粉症 

 

◯原因

【植物アレルゲン】クマシデ、ヒノキ
【化学物質】ジャスモリン「洗剤、農薬」

【糖化タンパク質】

タンパク質と糖質が加熱されてできた物。(例、パンケーキやハンバーガーなど)

糖質をとりすぎて、体の中のタンパク質に糖が結びつき糖化してしまう老化現象(糖化)

【活性酸素】

ストレスなどによって、体内に酸素が発生し過ぎて、溢れ出てしまうと細胞が酸化(老化)していきます。

【ストレス】仕事

【細胞】ケーライアーセニカム 皮膚疾患、神経衰弱

 

*上記、筋力検査にて異常を判明しました。

 

◯調整

【側頭骨】左相反

に歪んでいたので調整しました。

 

◯患者さんの状態、先生のコメント

みなさん花粉などの異物が目のかゆみや鼻水ででるように、内臓が弱っていると肌からも排泄をしようとします。

 

悪いことに意識をもっていかれた結果

◯40代女性

症状:顔のかゆみ、手のかゆみ、顔がこっている、目があきずらい、ネガティヴ思考、足が重い

 

◯その原因は?

【第2チャクラ】
生殖器や膀胱、精巣、卵巣に関連。
バランスが崩れていると自発性や楽しみ、喜びを失ってしまいがち。

【第5チャクラ】 

喉、首、甲状腺、気管、食道、口、耳と関連。

バランスが崩れると適切なコミュニケーションを取れない状況や環境を作り出

してしまいます。

【第6チャクラ】

頭や脳、目、すべての感覚器官、神経系と関連。

バランスが崩れていると目に見える事だけしか受け入れず、人生の質が低下します。

【塩基アルカリ】腸管からの酵素、消化液

【胃酸】過多 ph1 酸性

【肺経】 
悲しみ、苦悩、頑固、感情を隠すこと
【インナーチャイルド】悲しみを隠す人、内に秘めた深い悲しみ、内に入ってしまう
子供時代の記憶や経験が、大人になった自分の行動や感情に影響を与えている。

【腸内フローラ】カンジタ菌

善玉菌2悪玉菌1日和見菌7のバランス 悪玉菌が増えてくるお腹を壊すだけでなく、様々な生活習慣病がでてくる。

【リーキーガッド症候群】

生活習慣が悪くなると腸壁が炎症を起こして荒れたり、

穴があいたりして未消化の物質や有害菌が侵入してしまう。

【交感神経優位】

血流障害(血管収縮)→体温低下→免疫低下、ホルモンバランスの乱れ

リンパ球低下→ウイルス感染、活性酸素増加→DNA→がん

GABA不足

【ストレス】仕事

【感情】
経験から学ばず、同じ過ちを繰り返す

【フィラグリン遺伝子異常】

この遺伝子に異常があると、保湿力やバリア機能が正しく働かなくなるため、

皮膚炎が発症しやすくなる。

 

*上記、筋力検査にて異常を判明しました。

 

◯調整方法

【頸椎3番】を整えました。

【第2チャクラ】に冥王星エナジーを共鳴させました。

【重心軸】を整えました。

 

◯患者さんの状態

身体は軽くなりすごいすっきりしたそうです。

 

◯先生のコメント

排泄できない滞りで皮膚やだせるところから出していく、

感情も含めてためこみやすい人が多いですね。

小さな幸せに目をむけると良いものをひきよせます。