むくみ

手のむくみ、それはホルモンがうまく分泌されていない

◯40代女性

症状:手のむくみ、胃が気持ち悪い

 

◯原因

【サイモシン】
胸腺ホルモン

【ノルアドレナリン】

【パゾプレッシン】
下垂体後葉ホルモン 抗利尿作用 水分吸収
【グルタミン酸】
脳機能を活性化、ストレスへの抵抗力 
尿の排泄作用を促進する

【グルタミン酸受容体】

【サブスタンスP】

正常に物を飲み込んだり、咳をしたりするように神経に働きかける物質。

【脳波】β波 仕事など忙しい時、緊張している時の脳波

【光】胃にきをつけなさいというサイン

【腫瘍】肝臓

【活性酸素】

ストレスなどによって、体内に酸素が発生し過ぎて、溢れ出てしまうと細胞が

酸化(老化)していきます。

【交感神経優位】

血流障害(血管収縮)→体温低下→免疫低下、ホルモンバランスの乱れ

リンパ球低下→ウイルス感染、活性酸素増加→DNA→がん

GABA不足

【ストレス】

生活上のなんらかの刺激、それを感じること。

 

*上記、筋力検査にて異常を判明しました。

 

◯調整

【側頭骨】が歪んでいたので調整しました。

 

◯患者さんの状態

手のこわばり、むくみ感が消え動かしやすくなりました。

 

◯先生のコメント

仕事などで緊張状態が続いている、動かないで作業などと、自律神経に異常がでます。

それによりホルモンバランスが乱れ、水分を排泄していいのか、それとも体内にとどめておくのか?

身体もどうしたらいいのかわからずにむくんだり、冷えたり、手汗などにでます。

女性はとくに筋力がないのと生理もありますので、ホルモンバランスがくずれやすく、

男性のように筋肉のポンプ作用だけでは補えずにむくみや冷えが多いですね。

最近は環境の変化からか男性でもこういった症状に悩む方が増えてきました。

 

糖質依存体質からくるむくみ、甘えれないから甘いものにすがる

◯30代女性 2017年7月19日

症状:糖質依存をなくしたい、むくみ

 

◯その原因と調整箇所は?

【霊障】生き霊 友人、恐怖
憑かれやすい方→同じ周波数、体温が低い、くよくよ悩む、ネガティヴ
頼まれごとなど断れない→疲れやすい、何かに依存しやすい
【ネガティヴ感情】腎臓経絡 恨み、自分がかわいそうに思え、被害者意識的な怒りを感じる
(恐れ、脅迫、羞恥心、敵意、中毒、非現実的目標、孤独、ばれる事、欲求不満、拒絶)
【インナーチャイルド】6歳の時の記憶 先生との関係 恐怖、こだわり
子供時代の記憶や経験が、大人になった自分の行動や感情に影響を与えている。
【結核マヤズム】胆のう こうしなければならない 義務感 
歴史的、遺伝的、肉体的、精神的な病気の土壌。
先祖から受け継いできたもの、弱った時にでてくる問題。

【第2チャクラ】

生殖器や膀胱、精巣、卵巣に関連。

バランスが崩れていると自発性や楽しみ、喜びを失ってしまいがち。

 

*上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯患者さんの状態、先生のコメント

母親との人間関係も症状と関係しているようでした。

人間関係に何か問題がある方は境界線がうまくひけてない場合があります。

 

人はいやなことにたいして「ノー」ということで、

自分にとって受け入れられるものと受け入れられないものの間に境界線を引くとともに、

自分と相手の間にも境界線を引き、心の中に安心できるスペースを作り出します。

 

この時、しっかりした境界線をひけるほど、その内側のスペースは安全度の高い、

より安心できるスペースになります。

このスペースは「心の安全基地」にもたとえられますが、

この安全なスペースこそが、喜びが育つ場所なのです。