耳鳴り

長年続く耳なりの原因

50代男性 2019年3月

●症状

原因不明の耳なりがずっと続いている。 

座骨神経痛。蕁麻疹。

 

●原因を潜在意識に聞いてみたところ

脳幹の橋部分に水銀の反応があり、耳鳴りを発症させていたようです。

幼少期のワクチンが原因でした。

水銀を排毒するために肝臓と腎臓、リンパの回復。

対抗ミネラルのセレニウムと亜鉛が必要です。

 

今回の症状の改善の鍵となる調整箇所は・・・

◯原因その1(肉体ストレス)

【体内pH】

酸性に傾くと頭痛、疲労感、低血圧、不眠などの症状がでたりする。

pH7、3〜7、4の弱アルカリが正常

【脳脊髄液】

脳と脊髄を包み込む膜の体液。滞ると自律神経が乱れ、治癒力、免疫力などが落ちる。

【内臓の弱り】

肝臓、膵臓、橋、回盲弁

【骨格の問題】腰椎2番、胸椎2番、頚椎1番

 
◯原因その2(環境ストレス)

【薬害】

薬は重金属、脂溶性の毒物なので脂肪にたまっていきます。

肝臓のフィルターを通らないので、デトックスをするには汗をかくことが必要です。

【ウイルス】サイトメガロウイルス

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明後、調整しました。

 

頭の中がキーンとする

50代男性 2018年6月

●症状

一ヶ月前から左耳からキーンと音がして、寝れなかったり、集中できない。

病院にいっても異常がないと言われた。 

糖尿病。 肩があがらない。 アトピー。

 

●原因を潜在意識に聞いてみたところ

責任転嫁を感じることに抵抗感を腎臓に負担をかけ、耳鳴りの症状として出しているようです。

亡くなった父親が厳しい人で、小さい時から好かれようと、いい子でいたことが、大人になっても相手を喜ばせようという思考の癖がでてきます。 

ご本人はそこにストレスを感じていたが、相手の期待に答えようとしてしまいます。

それは相手が自分の好きにならない場合に感じる、罪悪感や恐怖という感情です。

相手が困ることにならないようにした結果、結局自分の感情を抑え付けてしまいます。

 

今回の症状の改善の鍵となる調整箇所は・・・

◯原因その1(肉体ストレス)

【内臓の弱り】

膵臓

【低血糖】

血糖値を上げようと、抗ストレスホルモン(アドレナリン、コルチゾール)の働きにより、血糖があがります。

また下げようとインシュリンが過剰にでて膵臓に負担をかけるので、

緩やかに血糖をあげるために吸収の早い、果糖(果物)や黒糖を摂取することをおすすめします。

【第5チャクラ】 

喉、首、甲状腺、気管、食道、口、耳と関連。

バランスが崩れると適切なコミュニケーションを取れない状況や環境を作り出

してしまいます。

 

◯原因その2(感情ストレス)

【パッチフラワーレメディー】スクレランサス

優柔不断。 ためらい。 気持ちの揺れ。

【思考の癖】相手を喜ばせろ

人間関係でストレスを溜めがち、NOと言えない

【ネガティヴ感情】

責任転嫁、従順

 

◯原因その3(環境ストレス)

【薬害】

薬は重金属、脂溶性の毒物なので脂肪にたまっていきます。

肝臓のフィルターを通らないので、デトックスをするには汗をかくことが必要です。

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明後、調整しました。

 

幼少期からの耳なりはワクチンによるもの

30代女性

●症状

耳なり、花粉症、むくみ

 

●その原因は?

【聴神経ウイルス】

神経細胞に潜んだウイルスが免疫が落ちた時に活性化して、聴神経を冒してしまう。

【水銀】ワクチン

【動脈瘤】

【サマリウム】

 

*上記、筋力検査にて異常(自然治癒力が正常に働かない理由)を判明しました。

 

●調整方法

【側頭骨】が歪んでいたので調整しました。

 

●患者さんの状態、先生のコメント

まだ耳鳴りはするものの緩和されてきたそうです。

水銀を含む保存料のチメロサールはワクチンに添加されています。

水銀は危険なものだと1ミリでも人を死においやり、アレルギー系の発症にもなりますし、とても危険なものです。

脳にはいると20年で半減、40年でやっと4分の1です。

つまり一生ぬけないものになります。

表面上は生活に支障もなく問題ない方もいますし、いつその悪魔のスイッチがはいるかもわかりません、子供に引き継がれるかもしれませんし、数々の難病の原因にもなりますので自己判断必須です。

自分だけでなく孫の孫の代まで考えてみましょう。

 

恐怖による症状

60代女性 2017年11月4日 

●症状

セミが100匹くらい耳元でないているような状況が2日続き、2日何もないという状況がこの半年続いて、気が狂いそうになる。

橋下病、副腎不全、冷え。

 

●その原因と調整箇所は?

【水銀】

【聴神経ウイルス】

【動脈瘤】

【蝶形骨】

【トラウマ】

心理的に影響が長くのこるような体験、精神的外傷。

【インナーチャイルド】

子供時代の記憶や経験が、大人になった自分の行動や感情に影響を与えている。

【マヤズム】右腎臓

歴史的、遺伝的、肉体的、精神的な病気の土壌。

先祖から受け継いできたもの、弱った時にでてくる問題。

【関係妄想】

見知らぬ人の会話や出来事など全く関係ないことでも

自分と関係しているのではないかと当てはめてしまう。

【ネガティヴ感情】腎臓経絡

(恐れ、脅迫、羞恥心、敵意、中毒、非現実的目標、孤独、ばれる事、欲求不満、拒絶)

 

*上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

●患者さんの状態、先生のコメント

身体全体にエネルギーが通り、暖かく感じたそうです。

トラウマや恐怖体験からくる概念が症状の原因のようでした。