動物の整体

犬が本当に考えていること

◯?歳 犬 

症状:胆のうに泥がたまっている状態。 左足をひきずっている。

水分過多、貧血といわれた。 散歩のとき歩きすぎ?かもしれなく心配

 

◯原因を潜在意識に聞いてみたところ

ワクチンに入っている重金属が肝臓や胆のうや下垂体に負担をかけているようです。

左足も下降結腸に毒素がたまっているため炎症したり、股関節に症状を出していました。

もうちょっと散歩したいけどご主人に気を使って気持ちを抑圧しているようなので笑

過保護にならずに歩きたいように歩かせるといいですと伝えました。

 

 ◯今回の症状の改善の鍵となる調整箇所は・・・

◯原因その1(肉体ストレス)

【内臓の弱り】

肝臓、胆のう、下降結腸

【パゾプレッシン】

下垂体後葉ホルモン 抗利尿作用 水分吸収

 

◯原因その2(感情ストレス)

【ストレス要因】

抑圧していること(胆経絡)

 

◯原因その3(環境ストレス)

【重金属】ニッケル

ワクチン

【毒性動植物】

5αーキブリノールの硫酸エステル(胆のう毒)

 

*  上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明後、調整しました。

 

犬の心に向き合うきっかけを

当院では、お伝えしています。

 

*症状の原因は犬によって異なります。
まずはわんちゃんの症状の原因をお調べしますので、ぜひお気軽にご相談下さい。