足が痛い

足裏の炎症は17歳の時の怪我と緑膿菌

◯40代男性

症状:左足裏の痛み「踏み込む時に痛い」、背中の硬さ

◯原因

【距骨】

【脛骨】

【フルスパイン】

【怪我】17歳の時の右足の怪我
【菌】緑膿菌

【腸腰筋】

【内臓】【チャクラ】

【糖化タンパク質】

タンパク質と糖質が加熱されてできた物。(例、パンケーキやハンバーガーなど)

糖質をとりすぎて、体の中のタンパク質に糖が結びつき糖化してしまう老化現象(糖化)

【サプリメント】

【活性酸素】

ストレスなどによって、体内に酸素が発生し過ぎて、溢れ出てしまうと細胞が酸化(老化)していきます。

【任脈】

【クモ膜の捻じれ】延髄、頸髄

【癒着】

本来分離しているはずの組織や臓器が炎症のためくっついている。

 

*上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯調整

【蝶形骨】右捻転、圧縮

に歪んでいたので調整しました。

 

◯患者さんの状態

痛みはなく全体的に軽くなりました。

 

◯先生のコメント

緑膿菌とは地球上に広く分布している常在菌の1つです。

免疫力が低下した時に感染すると症状としてでるみたいです。

それと逆足の過去の怪我によるバランスにより炎症としてでているのではないのかと予測しました。

 

足の痛みは菌と前立腺

◯50代男性

症状:踏み込んだ時の左足の痛み

◯原因

【距骨】

【脛骨】

【菌】淋菌
【癒着】
本来分離しているはずの組織や臓器が炎症のためくっついている。
【石灰化】

【過酸化脂質】

コレステロールや中性脂肪が活性酸素によって酸化されたものが体内に留まった状態。

【活性酸素】

ストレスなどによって、体内に酸素が発生し過ぎて、溢れ出てしまうと細胞が酸化(老化)していきます。

【腫瘍】前立腺

 

*上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯調整

【蝶形骨】右捻転、圧縮

に歪んでいたので調整しました。

 

足の痛みは足のアーチと靭帯の緩みで交感神経が優位だから

◯40代男性

症状:足が痛い、肩があがらない

◯その原因は?

【過酸化脂質】

コレステロールや中性脂肪が活性酸素によって酸化されたものが体内に留まった状態。

【距骨】縦アーチの緩み

【踵骨】

【膝蓋骨】外側側副靭帯の緩み

【もつれ】

【腫瘍】肝臓

【糖化タンパク質】

タンパク質と糖質が加熱されてできた物。(例、パンケーキやハンバーガーなど)

糖質をとりすぎて、体の中のタンパク質に糖が結びつき糖化してしまう老化現象(糖化)

 

*上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯調整方法

【蝶形骨】が圧縮していたので調整しました。

 

怪我よりも記憶が妨げている治癒力低下

◯30代女性

症状:右足が痛い、肩があがらない

◯その原因は?

【海馬傍回】27歳の時のバイクでの怪我 恐怖

【光】右踵骨

【癒着】

本来分離しているはずの組織や臓器が炎症のためくっついている。

【糖化タンパク質】

タンパク質と糖質が加熱されてできた物。(例、パンケーキやハンバーガーなど)

糖質をとりすぎて、体の中のタンパク質に糖が結びつき糖化してしまう老化現象(糖化)

【活性酸素】

ストレスなどによって、体内に酸素が発生し過ぎて、溢れ出てしまうと細胞が酸化(老化)していきます。

 

*上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯調整方法

【蝶形骨】が歪んでいたので調整しました。

 

◯患者さんの状態、先生のコメント

恐怖という感情は身体は覚えていています。

まだ痛いのかな、怖いなあと思うとまだ身体は痛みが必要なんだと解釈して、痛みが治りづらくなります。

まだこっちが痛いと追っかけて行く人よりも、よくなることにフォーカスできる人の方が改善は早いです。