気持ち悪い

ホルモンと精神的なストレスから胃にきている

◯40代女性

症状:慢性的な胃の気持ち悪さ、だる重い

◯原因

【ホルモン】
黄体形成ホルモン放出ホルモン、間質細胞刺激ホルモン

【神経伝達物質】アドレナリン、コルチゾール

【内臓】肝臓、腎臓、胃、肺、子宮

【霊障】狐 不眠、精神病など
憑かれやすい方→同じ周波数、体温が低い、くよくよ悩む、ネガティヴ
頼まれごとなど断れない→疲れやすい、何かに依存しやすい

【交感神経優位】

血流障害(血管収縮)→体温低下→免疫低下、ホルモンバランスの乱れ

リンパ球低下→ウイルス感染、活性酸素増加→DNA→がん

GABA不足

【ストレス】
人間関係

【胸椎5番】

【第3チャクラ】

背中下部、胃、肝臓、腎臓と関連。

バランスが崩れると真に望む人生を生きられなくなる。

【水分不足】

【細胞】カルシウムバランスが悪い

 

*上記、筋力検査にて異常(自然治癒力が正常に働かない原因)を判明しました。

 

◯調整

【後頭骨】が歪んでいたので調整しました

 

◯患者さんの状態、先生のコメント

定期的にくる胃の気持ち悪さから解放されたようです。

自分の気持ちをどのくらい大切にできるかということは、豊かな人間関係を築いていくうえでも鍵を握ります。

豊かな人間関係を築いていくためには、相手の気持ちを尊重することが必要になってきますが、

人は自分のことを大切にできるようになってはじめて、相手のことを

【無理なく自然に】

尊重できるようになるのです。

「自分をゆるし、受け入れている人ほど、
他者を深く愛することができる」

 

なにかとストレスですねと言われる時代ですが、

身体は過度なストレスを嫌がり、ホルモンの分泌が崩れ、

身体の調整がうまくできなくなるという仕組みは変わりません。

休んで治そうとするためにうまく働かなくなったほうが生存できるからですね。

 

 

 

 

胃の気持ち悪さは卵の食べ過ぎから

◯40代女性

症状:胃が気持ち悪い、便秘、肩こり

◯原因

【ロイコトリエン】

アレルギー反応により体内に生成される化学物質、気管支を収縮させる。

【栄養過多】卵

【細胞】血液、リンパの問題、鼻炎 神経と脳の問題

【神経伝達物質】セロトニン

【重金属】ベリリウム 薬害

【農薬】メトフルトリン

1960年〜70年にかけて強い毒性のものが増えたので規制されたが、

現在でも長期的にみると健康を害するものである。

【糖化タンパク質】

タンパク質と糖質が加熱されてできた物。(例、パンケーキやハンバーガーなど)

糖質をとりすぎて、体の中のタンパク質に糖が結びつき糖化してしまう老化現象(糖化)

【活性酸素】

ストレスなどによって、体内に酸素が発生し過ぎて、溢れ出てしまうと細胞が酸化(老化)していきます。

【交感神経優位】

血流障害(血管収縮)→体温低下→免疫低下、ホルモンバランスの乱れ

リンパ球低下→ウイルス感染、活性酸素増加→DNA→がん

GABA不足

【副交感神経優位】

倦怠感、常にだるい、眠い

顆粒球低下→細菌感染

リンパ球過剰→血流障害(血管拡張によるもの)→体温低下→肥満→がん

【ストレス】

【硬膜】

【癒着】本来分離しているはずの組織や臓器が炎症のためくっついている。

【石灰化】

【過酸化脂質】

コレステロールや中性脂肪が活性酸素によって酸化されたものが体内に留まった状態。

 

*上記、筋力検査にて異常(自然治癒力が正常に働かない原因)を判明しました。

 

◯調整

【側頭骨】左相反

に歪んでいたので調整しました。

 

◯患者さんの状態、先生のコメント

気持ち悪さは消えました。

食あたりというわけではなく、体質的にあわないかとりすぎていたようです。