目の疲れ(眼精疲労)

オーバーワーク→ミス→責任感による眼精疲労

◯40代女性

症状:目の疲れ、抜け毛、便秘、首肩こり

◯その原因は?

【前頭骨】目と肝臓とリンクしている骨が固着している
【内臓】肝臓、胆嚢
【第3チャクラ】
背中下部、胃、肝臓、腎臓と関連。
バランスが崩れると真に望む人生を生きられなくなる。
【感情】自分を責める。罪悪感。人の過ちでも謝ってしまう。 仕事でのミスが最近目立っていたから。

【糖化タンパク質】

タンパク質と糖質が加熱されてできた物。(例、パンケーキやハンバーガーなど)

糖質をとりすぎて、体の中のタンパク質に糖が結びつき糖化してしまう老化現象(糖化)

【活性酸素】

ストレスなどによって、体内に酸素が発生し過ぎて、溢れ出てしまうと細胞が酸化(老化)していきます。

【アレルゲン】テンサイ 甜菜糖をよくつかっていた

【化粧品関連用品】ティーツリー油

【菌】髄膜炎菌 延髄、頸髄

【体内PH】PH1 酸性 

酸性に傾くと頭痛、疲労感、低血圧、不眠などの症状がでたりする。

pH7、3〜7、4の弱アルカリが正常

【薬害】

 

*上記、筋力検査にて異常(自然治癒力が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯調整方法

【側頭骨】が歪んでいたので調整しました。

 

◯患者さんの状態

目の疲れはとれ違和感がなくなりました。

 

◯先生のコメント

やらなければいけないこと、それをミスしてはいけないプレッシャー、その思いや行動が空回った時、

とてつもないストレスを感じる、結果悪循環して辛いですよね。

 

まず、

「日頃から我慢していることはないだろうか?」
「無理をして相手に合わせていることはないだろうか?」
「できれば断りたいと思うことはないだろうか?」

などについて自分に問いかけたうえで、

「ここまでは許容するが、これを超えた場合はノーを言う」

という自分なりの基準を定めます。

そして、その基準を守るための具体的なルールを決めるのです。

特に最初は、そのルールを守ることが難しいものにならないように、ハードルを低めに設定することがポイントです。

自分にとって無理がないよく、今の自分に一番しっくりくるようなルールを考えてください。

 

1、メールアドレスや携帯電話の番号は親しい人にしか教えない。
2、気乗りしないお誘いに対しては、その場で返事をせず、後でメールで断る。
3、気乗りしないお誘いに対しては、その場ですぐに断る。
4、お断りするときは、特に理由を並べ立てず、「気乗りしないのです」と正直な気持ちを伝える。
5、理由を並べ立ててもいいから、とにかく断る。
6、◯◯さんからの頼みごとは引き受けない。
7、◯◯さんからのメールには返事をしない。
8、夜22時以降は電話に出ないようにし、そのことを友達に伝える。
9、自分の部屋に家族を入らせない。

 

以上は参考例ですが、ぜひ、あなたにぴったりのルールを考えてください。

 

現代人は可視光線で目が疲れる

◯30代男性

症状:目の疲れ、肩があがらない、腰痛

◯その原因は?

【可視光線】太陽光や電気の光

【ストレス】仕事

【腫瘍】胆嚢

【神経伝達物質】アドレナリン

【糖化タンパク質】

タンパク質と糖質が加熱されてできた物。(例、パンケーキやハンバーガーなど)

糖質をとりすぎて、体の中のタンパク質に糖が結びつき糖化してしまう老化現象(糖化)

【錐体外路】右筋力弱化

運動神経、働きが悪くなると身体をうまくコントロールできなくなる。 ふるえやこばばり、ソワソワ感など

 

*上記、筋力検査にて異常(自然治癒力が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯調整方法

【側頭骨】が歪んでいたので調整しました。

 

◯患者さんの状態

目も身体もスッキリしました。

 

◯先生のコメント

パソコン仕事などスマホで現代の人は目を使いすぎですね。

 

こうしなければいけないという思考の癖からくる症状

◯60代女性 2017年7月13日

症状:眼精疲労からくる首肩こり、ふらつき、精神面

 

◯その原因と調整箇所は?

【交感神経優位】

血流障害(血管収縮)→体温低下→免疫低下、ホルモンバランスの乱れ

リンパ球低下→ウイルス感染、活性酸素増加→DNA→がん

GABA不足

【ストレス】

生活上のなんらかの刺激、それを感じること。

【第2チャクラ】

生殖器や膀胱、精巣、卵巣に関連。

バランスが崩れていると自発性や楽しみ、喜びを失ってしまいがち。

 

【インナーチャイルド】8歳の時、先生からバカにされた記憶
子供時代の記憶や経験が、大人になった自分の行動や感情に影響を与えている。

【マヤズム】

歴史的、遺伝的、肉体的、精神的な病気の土壌。

先祖から受け継いできたもの、弱った時にでてくる問題。

【メラトニン】

松果体ホルモン 概日リズム 体内時計

 【ネガティヴ感情】肝臓経絡
(不幸、怒りやイライラ、侵略、でしゃばり、働きすぎ、前進できない、がまん出来ない、固執、責任転嫁)

 

*上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯患者さんの状態、先生のコメント

目がすっきりしたそうです。

目の症状は肝臓や胆のうと関係性が強いです。

こうしなければいけない、義務感などが強い方は肝臓や胆のうに感情がストックされます。