つわり

妊娠後「11週」、つわりがひどい 痰がでる 吐血

◯30代女性

症状:妊娠後「11週」、つわりがひどい 痰がでる 吐血

◯原因

不妊のため通っていた方ですが、早い段階「通ってすぐ」で妊娠してしまったので喜ばしいことなのですが、

身体がおいついてないため内臓の状態が悪く、

うちの院にくるのも大変な状況で少し落ち着いてからようやく来られました。

過去の記憶などが起因しているのと、妊娠したことによる身体の変化からこのようになったと考えられました。

【腫瘍】小腸

【マヤズム】胆のう 
歴史的、遺伝的、肉体的、精神的な病気の土壌。
先祖から受け継いできたもの、弱った時にでてくる問題。
【トラウマ】30歳 ←1人目の子供を産んだ年 とても苦労したとのこと
心理的に影響が長くのこるような体験、精神的外傷。

【感情】絶望して、何をやっても無駄と考える

【ストレス】子供

 

※上記、筋力検査によって異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯調整

【フルスパイン】頚椎2番が歪んでいたので調整しました。

◯患者さんの状態

施術後すぐに胃がすっきりして身体も楽になり、お水もひさしぶりに美味しく感じたそうです。

唇も乾燥していた、特に下唇「腸」は水分不足、上唇「胃」は逆にむくんでいて、水分過多。

 

「うまく消化吸収できていないようなので、まだ消化に負担のかかる食べ物は控えたほうが良いです。

ただお腹は空いているようなので、そうゆうときは温かいスープや果物をすりおろして食べてください。」

と伝えました。

◯先生からのコメント

理想としては調整してから半年後

(血液が入れ替わるのに3ヶ月、細胞が6ヶ月〜2年と言われています)

くらいの方が安心して妊娠、出産に臨めると思います。

 

ただ、妊娠を自力でできない、不育症、逆子や流産など、順調に出産に望めない女性がどんどん増えています。

原因としては当たり前のように食べているもの、

身の回りにある便利なもの、環境、ワクチンや薬害など様々です。

 

色々な情報がある中で判断は難しいですが、自分の子供や孫など次世代のためにも責任をもって、

自分の身体について見直すべき時だと思います。

 

胃ではなく消化器系が原因の気持ち悪さ

◯30代女性 2017年6月20日

症状:つわりで気持ち悪い、自然でない臭いがだめ、背中が痛い

 

◯その原因と調整箇所は?

【交感神経優位】

血流障害(血管収縮)→体温低下→免疫低下、ホルモンバランスの乱れ

リンパ球低下→ウイルス感染、活性酸素増加→DNA→がん

GABA不足

【ストレス】家族の問題

生活上のなんらかの刺激、それを感じること。

【体内pH】
酸性に傾くと頭痛、疲労感、低血圧、不眠などの症状がでたりする。
pH7、3〜7、4の弱アルカリが正常

【第2チャクラ】

生殖器や膀胱、精巣、卵巣に関連。

バランスが崩れていると自発性や楽しみ、喜びを失ってしまいがち。

【マヤズム】胆嚢
歴史的、遺伝的、肉体的、精神的な病気の土壌。
先祖から受け継いできたもの、弱った時にでてくる問題
【消化酵素】膵アミラーゼ
 

*上記、筋力検査にて異常(自然治癒が正常に働かない理由)を判明しました。

 

◯患者さんの状態、先生のコメント

背中の胃の反射点の痛みは消失し、気持ちもすっきりしたそうです。

胃ではなく、胆嚢や膵臓といった消化器官が日頃のストレスやプレッシャーから弱っていたようです。