倦怠感

倦怠感は他人をコントロールしようとする心

◯30代男性

症状:倦怠感、首周りのきつさ

 

◯その原因は?

【植物アレルゲン】クマシデ

【扁桃体】大腸の感情ストック 
対象のわからない漠然とした不安、恐れ
【肝経】虚証
でしゃばり、前進できない、我慢できない、固執、責任転嫁

【交感神経優位】

血流障害(血管収縮)→体温低下→免疫低下、ホルモンバランスの乱れ

リンパ球低下→ウイルス感染、活性酸素増加→DNA→がん

GABA不足

【ストレス】

【胃酸】過多

【塩基アルカリ】腸管からの消化液と酵素

【ミネラル不足】

【胸椎】1番、12番の神経のつまり

【右硬膜】錐体外路障害 下位運動ニューロン

運動神経、働きが悪くなると身体をうまくコントロールできなくなる。 ふるえやこばばり、ソワソワ感など

【クラニアル縫合固着】

 

*上記、筋力検査にて異常(自然治癒力が正常に働かない原因)を判明しました。

 

◯調整方法

【第2チャクラ】
生殖器や膀胱、精巣、卵巣に関連。
バランスが崩れていると自発性や楽しみ、喜びを失ってしまいがち。

【第3チャクラ】

背中下部、胃、肝臓、腎臓と関連。

バランスが崩れると真に望む人生を生きられなくなる。

【第4チャクラ】

心臓や循環器、胸、動脈、血の流れと関連。

バランスが崩れると、愛に対する不安や恐れから、様々な問題が引き起こされる。

【第5チャクラ】 

喉、首、甲状腺、気管、食道、口、耳と関連。

バランスが崩れると適切なコミュニケーションを取れない状況や環境を作り出

してしまいます。

を活性化させました。

 

◯患者さんの状態、先生のコメント

超絶すっきりしたそうです。

悪いことをしたら自分に返ってくるような感じです。

 

チャクラは心の在り方、潜在意識によってバランスが乱れ、その周辺の症状が出やすいです。

言葉に出さなくても抑圧した感情は身体に支障をきたします。

それを理解して、腑に落とすことが同じことを繰り返さないようにするための1つの手段です。

 

思い通りにならないことへの耐性が弱いとすぐイライラしてしまったり、

あるいは相手をかえようとしたり、相手をコントロールしようとしたりします。

現代人は思い通りにならないことへの耐性がかなり脆弱化しているみたいです。